2013.11.18 バットマン
いつかみた映画
【其の六十八】

奇才ティム・バートン始動 !
バッドマン 1989年 アメリカ


バッドマン01

 警察が腐敗しきっている無法都市ゴッサムシティ。今夜も悪人が「バットマンらしき人物」によって退治されます。報道キャメラマン、ヴィッキー・ベイルは、そのバットマンの正体をつきとめようと新聞記者ノックスと共に、警察長官ゴートンを取材するため大富豪の邸宅パーティを訪ね、そこの当主ブルース・ウェインに魅かれるものを感じます。実は彼こそがバットマンで、その夜も彼はアクシス化学工場を襲った暗黒街のボス、グリソムの部下ネピアを退治するのでした…。(後は映画観て下さい)



バッドマン04
 
ダークナイトの原点。
 DCコミックスの誇るスーパーヒーローを巨費を投じて映画化したアメリカ映画の大作です。ゴッサムシティの闇に君臨する悪を粉砕するバットマンと犯罪組織のジョーカーとの戦いを壮絶に描きます。バットマンの誕生の秘密やジョーカーの設定などかなり暗い設定で、今後のダークナイトを生み出す事となりました。




バットマン05

少年の夢…。
 アメリカ・サンフランシスコで15日、白血病と闘う少年の夢をかなえようと町を挙げての企画が行われました。マイルス君は、彼の憧れのヒーローの「バットマン」になることを夢見てきました、5歳のマイルス君は3年前、白血病と診断され闘病を続けてきた。

前代未聞のやさしい嘘。
 「警察」から「力を貸してほしい。バット・キッドを連れてきてくれ !」という助けを求めるメッセージを受けたマイルス君は15日バットマンの相棒「バット・キッド」に変身し捕らえられた女性を助けたり、悪者をつかまえたりと大活躍しました。なんとオバマ大統領も動画で「いいぞ、マイルス君。町を守ってくれ」とエールを送る…。この企画は、病気の子どもたちを支援するボランティア団体が、サンフランシスコ市の協力を得て実現したもので、市民ら数千人も参加してイベントを盛り上げた。当初バットマンの服を買いに行くとだけ聞かされていたマイルス君。ヒーローの力強さを学ぶ大切な1日となりました。


たわごと03
アメリカのチカラと優しさ。
 本当に素晴らしいアメリカ的な出来事です。大抵の映画は所詮「嘘の世界」。しかし、その想いが一杯詰まった「嘘」から「誠」が生まれる。バットマンに携わった全てのスタッフがこのニュースを聞いて涙した事でしょう。彼らの想いは「真実」となり、世界中に優しい心を魅せて頂きました。



※肝心のバットマンは…、
カッパ採点7点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/400-c3f062c9