FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.260

どこで誰が、未来を変えたのか?
ターミネーター 4 2009年アメリカ

ターミネーター01

 2018年、スカイネットが引き起こした「審判の日」をかろうじて生き延びた人間達は抵抗軍を組織し大人になったジョンコナーもその一員としてスカイネット率いる機械軍との死闘に身を投じていました。そんなある日ジョンはマーカスと名乗る謎の男と出会う事に。彼は過去の記憶をなくしており脳と心臓以外すべて機械化されていました。それでも自分は人間だと主張するマーカスに対し敵か味方か判断しかねるジョン。しかし将来彼の父となる少年カイル・リースに身の危険が差し迫っていることをマーカスから知らされジョンはある決意を固めます。(後は映画を観て下さい)



ターミネーター04

 世界的大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫りこれまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクションです。人類滅亡を目論むスカイネットが引き起こした核戦争「審判の日」以後の荒廃した世界を舞台に追いつめられたジョンコナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描きます・主演のジョンコナー役には「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。物語の鍵を握る謎の男マーカス役にオーストラリア出身の新鋭サム・ワーシントン。監督は「チャーリーズエンジェル」シリーズのマックGです。


たわごと03
真・ターミネーター。
 昨日の「安堂ロイド」の影響を受けて今日はSF映画の金字塔ターミネーター。ご存知PART.1は、映画史に残るB級映画の傑作。そしてPART.2は、最新のCG技術を用いたSF娯楽大作。大ヒットの後のPART.3は、その恩恵を振り切っての超駄作…。満を期してのこのPART.4は、真のターミネーターの世界観を描いた秀作です。


ターミネーター02

ジョンコナーが、まだ伝説的軍人になる前の物語。
 ワタシの大好きなクリスチャン・ベイル演じるジョンコナーは、まだ未来の預言者として信頼されておらず、彼のー部下からは、慕われるも軍の上層部からは懐疑的な目で見られているというとってもリアルな立場のジョンコナー像を描いています。そして「ターミネーター1」に登場しタイムトラベルをして過去に戻りサラ・コナーと結ばれ、ジョン・コナーの父親となるカイル・リースという青年の活躍も平行して描かれます。PART.1・2のメインは、ターミネーターが、いかにして人間を追い詰めるか?という極限の追跡劇が見ものでした。しかし、この「ターミネーター4」はそのジェームズ・キャメロンのターミネーターとは根本的に違う描き方で新しくターミネーターを構築しています。


ターミネーター03

サム・ワーシントンは、新造人間キャシャーン??







肝心の映画は…、
七点半






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/375-1b8132c7