FC2ブログ
2013.10.18 ツイスター
カッパのみなソン
Selection vol.256

スピルバーグ & J・デ・ボン
ツイスター 1996年アメリカ

ツイスター05

 竜巻を追う観測チームを率いる女性ジョー・ハーディングは、幼い頃に父親をすさまじい竜巻によって亡くしています。その彼女を夫のビルが恋人のメリッサを連れ離婚届けにサインを貰うために訪ねて来ます。だが、ジョーに「ドロシー」と名付けられた竜巻観測機を見せられるとビルの心はざわめきました。それはかつて、彼がジョーたちと同じ竜巻観測者だった頃に考案した機械で軽い金属球を竜巻の中心に放出しいまだ知られていない竜巻の内部の動きを調べるものでした…。(後は映画を観て下さい)



ツイスター03ノリノリの J・デ・ボン
 スピルバーグ製作総指揮、M・クライトン脚本に加え「スピード」で、超メガヒットを飛ばした、J・デ・ボンが、新たにメガホンを取ったパニックスペクタクルです。竜巻内に調査用のセンサーを送り込む事で、早期警報の実現を図ろうとする研究者グループを主役に、当時としては最先端のCGを駆使して竜巻の驚異を描きます。


たわごと03
自然の驚異、そして映画の意味。
 「スピード」鮮烈なデビューを果たした、J・デ・ボン監督が、スティーブン・スピルバーグ監督と最強のタッグを組んで製作した作品です。1996年(公開当時)観た時は、広大な平野を持つアメリカでも、こんなに竜巻が日常的に発生する訳がないと勝手に思い込んでいてリアルな映像を見せられながらも自分の中では、全くリアルでは在りませんでした。大げさなパニック映画の現代版…。しかし、それは、失礼でした…。この映画は今こそ鑑賞し、今起こるかも知れない危機に備えるべき映画かもしれない…。


ツイスター04

人の力を信じたい…。
 この映画の元となった のは、オクラホマ大の日本人気象学者の佐々木嘉和氏とその教え子達らしいです。その5人の大学院生が竜巻を自分たちの目で見ようと追跡をした姿が、映画「ツイスター」のモデルとなったらしいです…。ワタシは人のチカラを信じたい。(偉そうに言ってスミマセン)




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/369-17ffa360