2013.10.08 コンタクト
カッパのみなソン
Selection vol.247

宇宙からのメッセージ。
コンタクト 1997年 アメリカ

コンタクト01

 幼い頃から宇宙に興味を抱き続け今では電波天文学者となったエリーは宇宙からの電波を基に地球外知的生命体の存在を研究していました。だが上司のドラムリンが予算を削減し、エリーは大富豪ハデンに協力を求めます。そんなある夜、未知の電波をキャッチしたエリーたち研究グループは、それがヴェガ星からのものだと突き止めます。その電波には地球上の映像と謎の設計図が納められており、事ここに至って研究は合衆国政府の手にゆだねられる事となってしまう。ハデンの助力もあって謎の設計図はどうやらヴェガ星への輸送機関である事が判明。急ピッチでその基地が建造されパイロットが選考される事に…。(後は映画を観て下さい)



コンタクト02


たわごと03
ロバート・ゼメキス監督の真骨頂 ! 
 もしも地球外知的生命体とのコンタクトが可能になった時…。人は、政治は、メディアはどう反応するのか ? そんなシミュレーションを徹底的に行ったディティールが素晴らしい。だけど、この作品が一番感銘深いのは、自分の存在を問いかける主人公が懸命に目標に向かって突き進む姿なのかも知れない。母を父を幼くして失った少女が神を信じることなく成長し遂に地球外の存在と触れ合った時、どう変わったのか ? J・フォスターの演技力と存在感に関しては、当たり前ですが百点満点。ただ彼女が主演だったというだけでこの作品は何倍もの輝きと映画生命を得ています。

コンタクト04

ジョディ・フォスター、あっぱれ !

 





※肝心の映画は…、
ワタシ的には「未知との遭遇」より、こっちが好きです !
8点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/359-67f3b2e9