2013.10.04 ナチュラル
いつかみた映画
【其の六十三】

これぞ、アメリカンドリーム !
ナチュラル 1984年 アメリカ

ナチュラル00

 1918年の春ネブラスカの静かな草原。そこにはキャッチ・ボールをする父と子の姿が…。農民のエドは妻を亡くした後、幼いロイをずっとコーチし続けてきました。彼は生まれついての天才児で、投・打・守備のどれをとっても大リーグ並みのプレーをしていました。そんなロイの姿を幼なじみのアイリスは優しいまなざしで見つめて、父親の死後、ロイは雷で2つに裂けた樫の木を削って手製のバットを作りました…。(後は映画を観て下さい)




ナチュラル02古き良きアメリカ。
 若くして野球の天才と呼ばれるが、凶弾によって球界入りを遅らされ、35歳にして「奇跡のルーキー」として活躍する事になった男ロイ・ホッブス。その男の半生を、ある時は詩情豊かに、またある時はドラマティックに描き、同時に、古き良きアメリカの時代をも浮き上がらせた名編です。



たわごと03
余りにも感動的なベタ。
 1920年代から30年代という時代背景もあってノスタルジックな雰囲気が全体を覆っていますが、勇気と信念を貫く主人公の姿が何とも素朴で、タイトルどおりナチュラルです。ロパート・レッドフォードはまさにうってつけのキャスティングで彼だから許せる映画なのです。

ラストシーンのホームランと花火は、
分かりきっていても感動的です !




※肝心の映画は…、一夜の火遊びは危ない!!
8点







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/355-64433b90