FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.226

この愛さえも、DNAで決まるのか。
プラチナデータ 2012年 日本

プラチナ00

 近い将来の日本。政府は全国民のDNAデータを極秘裏に収集しあらゆる事件の捜査に活用していました。それは「プラチナデータ」と呼ばれ検挙率100%、冤罪率0%の社会が実現しようとしていました。警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する神楽龍平は、この画期的なDNA捜査システムを開発した天才科学者。ところがある時、このシステムが連続殺人事件の犯人として神楽を導き出してしまう…。(後は映画を観て下さい)


プラチナ01

 人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを「龍馬伝」「るろうに剣心」の大友啓史監督で映画化したSFサスペンスです。全国民のDNAデータが管理されDNA捜査が万能のシステムとなった近未来を舞台に自ら作り上げたシステムによって追われる身となった天才科学者と現場叩き上げの刑事が繰り広げる緊迫の逃亡追跡劇をスリリングに描きます。主演は「GANTZ」の二宮和也と「20世紀少年」の豊川悦司。共演に鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子。


たわごと03
よくある日本映画の悲劇。
 こんな気分を味わった邦画を何度観て来ただろうか…。超売れっ子作家・東野圭吾氏の原作は、まだ読ませて頂いてませんが、きっと面白いはず…。しかし、この映画は劇場で入場料を払って観る映画なのだろうか? 決して監督の大友さんが駄目な訳ではなく、きっと日本映画産業の問題なのだと思います。

プラチナ04

久しぶり観た陳腐なカーチェイス。
 確かこの映画は、一寸先の近未来の話ですよね。何となく「マイノリティーリポート」に似た設定。しかし画面に登場する世界は超現実の今の世界。そして、もっとも痛いシーンは、ダラダラと長い逃亡シーン。二宮君を追いかける豊川氏のクルマは、壊れてもOKの中途半端な中古車。最近のテレビドラマでも見かけないセコいカーチェイスでした。

何年か後に、ドラマWでリメイクして欲しい…


※肝心の映画は…。
6点


 



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/329-edfca20f