FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.225

ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だった。
ゼロ・ダーク・サーティ 2012年 アメリカ

ゼロ00

 巨額の予算をつぎ込みながらも一向にビンラディンの行方を掴めずにいたCIA…。そんな手詰まり感の漂うビンラディン追跡チームに情報収集と分析能力を買われたまだ20代半ばの小柄な女性分析官マヤが抜擢される事に、さっそくCIAのパキスタン支局へ飛んだ彼女だったが取り調べの過酷な現実に戸惑いを見せる。そんなマヤの奮闘もむなしく捜査は依然困難を極め、その間にもアルカイダによるテロで多くの命が失われていくことに…。(後は映画を観て下さい)


ゼロ01

 「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督&マーク・ボール脚本コンビが、米海軍特殊部隊“ネイビー・シールズ”によって遂行されたオサマ・ビンラディン暗殺をめぐる驚愕の舞台裏をビンラディン追跡で中心的役割を担ったCIAの若い女性分析官を主人公に描き出した衝撃の問題作です。当事者たちへの入念な取材によって明らかとなったリアルな追跡作戦の行方をスリリングに描くとともに10年にわたる勝者のない戦いの果てに辿り着いたアメリカの今を描きます。主演は「ヘルプ」「ツリー・オブ・ライフ」のジェシカ・チャステイン。


たわごと03
映画を超えた映画。
 一見、終止符が打たれたかに見えるが結局のところ何も解決していない…。この不毛な戦いに終わりは来るのだろうか ? そしてマヤの心には何が残るのか ? ラストのマヤの涙…、何とも虚しい作品です。主演のジェシカ・チャステインは美しい熱演です。

ゼロ03



肝心の映画は、リアルすぎて何とも…??
七点半




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/328-d2665a13