FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.215

青春は、モヤモヤするほど、ドキドキする。
色即ぜねれいしょん 2008年 日本

色即01

 1974年京都。仏教系男子校に通う高校1年生の乾純は、ボブ・ディランに心酔する文科系男子です。ロックな生き方に憧れながらも、学校ではヤンキーや体育会系の陰に隠れ、家では優しく大らかな両親に恵まれ反抗すらも出来ず、おまけに小学校からの初恋もこじらせて悶々とした日々でした。そんなある日、友だちの伊部と池山から夏休みに隠岐島へ行こうと誘われます。なんでもそこはフリーセックスの島らしい…。(後は映画を観て下さい)


色即06

 マルチに活躍する、人気イラストレーターみうらじゅんの自伝的小説を「アイデン&ティティ」に続いて、田口トモロヲ監督が映画化した感動青春ストーリーです。70年代の京都を舞台に、ロックとは対極の平凡な人生にコンプレックスを抱える文科系男子高校生が、恋と煩悩に振り回されながらも様々な出会いと音楽を通じて成長していく情けなくも甘酸っぱい青春の日々を、優しい眼差しでリアルかつユーモラスに描き出す。


たわごと03
失礼ですが、思わぬ拾い物です ?
 みうらじゅんと田口さん。このだけで、この映画と出会う事になりました。正直、これっぽっちの期待も無く、TSUTAYAでDVDを手に取りました。「色即是空」の意味もわからず、よくあるドタバタ青春映画だろうと…。そう確かに良くあるドタバタ青春映画です。しかし、登場人物がとっても新鮮で魅力的。そして限りなく優しい。見終わった後、優しい気持ちになりました。

色即02

誰もがとおる、青春の門。
 隠岐島への旅で純はヒゲゴジラとオリーブに出会います。ヒゲゴジラはユースホステルのお世話係です。青春と美味しいお酒に酔った純にはヒゲゴジラが青春リーダーに見えます。その感じが、何だか懐かしい。ワタシ達の青春時代にもヒゲゴジラような先輩やオリーブのようなドキドキする異性がいましたよね !

色即04

現世に存在するあらゆる事物や現象は、
すべて実体ではなく空無である。




※肝心の映画は…、色即是空。
8点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/317-2af2fcc4