FC2ブログ
2013.08.11 新・猿の惑星
いつかみた映画
【其の五十三】

SF映画の金字塔「猿の惑星」第3弾 !
新・猿の惑星 1971年 アメリカ

猿01

 カリフォルニアの沖合に着水したロケットのカプセルから現れたのはジーラ、コーネリアス、マイロの3人の猿人でした。ロサンゼルス動物園付属病院に移された彼らは、ディクソン博士と女医ステファニーに未来の地球からやって来たことを告げます。彼らは大きな衝撃を社会に与えましたが、一般には友好的に迎えられる事に。しかし、大統領科学顧問であるハスレイン博士は、催眠療法を施したジーラから未来の状況を聞き出し彼らの存在を危険視する…。(後は映画を観て下さい)


猿03本当の物語は、
ここから始まる。

「続・猿の惑星」のラストで消滅した地球から過去の世界にタイムトラベルしてきたジーラとコーネリアスを描くシリーズ第3弾です。前作で、完全に終わったと思ったら、何とも超奇抜なアイディアで再始動。そしてこの作品から主人公が人間から猿に移り猿と人間の壮絶な戦いが繰り広げられます。


たわごと03
今でも鮮明に覚えています。
 さすがに71年の作品ですから、劇場ではなくテレビのロードショーで観ました。ショッキングだった、PART.1。娯楽性の強かった続編で、地球が破滅し何もかもが終わったと思ってました。しかし、いきなりの再起動。何と「猿」が現代にタイムスリップ ! PART.1と全く逆の設定。もちろん子供だったワタシにもこれは凄い…と思いました。当時はまだ、タイムスリップを用いた本格的なSF映画は少なく、この斬新な切り口に感動した事を鮮明に覚えています。

猿02

そして、20年後「征服」…
 このPART.4は、もちろん猿による革命、そして「征服」。あらたな世界の幕開けです。猿の革命よりもワタシが気になっているシーンは、確か映画の中の新大統領が黒人だった記憶があります。ある意味映画は時代を予言します。
そして「創世記」の時にも書きましたが…。

「猿は、猿を殺さない」 この映画の名言です。




肝心の映画は…、
七点半






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/301-c56132cd