FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.14

真の姿が現れる、新EVA伝説の第2ステージ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2009年日本

ヱヴァンゲリヲン01
Photo ヱヴァンゲリヲン:序

 第3使徒がネルフの北極施設に出現、真希波・マリ・イラストリアスの搭乗したエヴァンゲリオン仮設5号機が迎え撃ちます。一方、日本では、母の墓参りを終えたシンジがミサトの車での帰途、第7使徒に遭遇、そこへエヴァンゲリオン2号機が出撃し、鮮やかに殲滅。そして、2号機の搭乗者、式波・アスカ・ラングレーはシンジたちの中学校に転入し、シンジが暮らすミサトのマンションの新たな同居人として…。やがて、ネルフ本部へ直接落下を企む第8使徒が襲来。エヴァ零号機、初号機、2号機は連係して落下を食い止め、殲滅を成功させました…(後は映画を観てください)

たをごと02
 オリジナルのTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4部作の第2弾。本作は完全新作をベースに制作、新たなヒロインや新型エヴァの登場などデザインと設定が大幅に刷新され、「使徒」とEVAシリーズの戦いがさらにスケールアップした形でスペクタクルに展開していきます! 

ヱヴァンゲリヲン02

今のワタシでは、ヱヴァは語れない… 
 かれこれ15年程前に、社会現象とも言われたエヴァブーム。確かにその頃は、ワタシもハマりました。攻略本はもちろん、旧約聖書まで読みあさり、エヴァの謎についてを勉強しました。受験勉強さえも真剣にしなかったのに…こんな事には、真剣に取り組みました。「リリス」「ロンギヌスの槍」「アダルトチルドレン」…etc。そんなキーワドを自分なりに解読していきました。
 そして極めつけは、その謎解きをラジオ番組に…そんな大胆な企画を立ち上げ、地元(徳島)FM局(エフエム徳島807)と一緒に企画し実行しました。壮大な企画書を制作し、シナリオを作り、協賛スポンサーを集め…。番組は何とか進行し、「FM徳島オリジナル特別番組 エヴァンゲリオンの謎 〜番組よ神話になれ!〜」という30分特番を放送する事になりました。パーソナリティは地元タウン誌から迎え、コメンテーターは、なんと企画した自分たち(有志)。何日も前から打ち合わせを重ね、いざ本番へと…。
 しかし、ワタシ(カッパ)は、本番前に疲労から悪性の流感にかかり、全く声が出ない状態に…。なんとも無惨、なんとも情けない。テレビならともかく、ラジオですから座っているだけ、うなづくだけ…あんたバカぁ!? …てんやわんやな番組でした。(今だから笑えます)

ヱヴァンゲリヲン01


11月17日〈土〉ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公開 !
なんと「巨神兵東京に現わる」を同時上映 !

 ワタシも東京で観てきました!「巨神兵東京に現わる」は、今年7~10月に東京都現代美術館で開催された展覧会「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」で上映。庵野監督とスタジオジブリの鈴木敏夫さんがプロデューサーを務め、「平成ガメラ」の樋口監督がメガホンをとり、脚本は庵野監督と作家の舞城王太郎さんが担当。巨神兵の造形はフィギュア造形作家の竹谷隆之さんが手がけ、ナレーションは、アニメ「エヴァンゲリオン」の綾波レイ役などで知られる声優の林原めぐみさんが勤めました。今回は、鈴木プロデューサーからの提案で同時上映が決定。映像、音声ともに新たな調整を加え、10分7秒の「劇場版」として公開されるそうです。

巨神兵
Photo 巨神兵東京に現わる

これだけは、語りたい…「A.T.フィールド」
 正式な訳語は「絶対恐怖領域」略して「絶対領域」と表記される事もあります。監督の庵野秀明は書籍「スキゾ・エヴァンゲリオン」の対談で「A.T.フィールドは、心の壁 のようなものと語っており、実際に劇中でも渚カヲルがA.T.フィールドのことを「心の壁」と称しています。原動力はリビドー(生、性の欲望)であるとされます。
 現社会で「心の壁」ほど、身近で厄なものはないです。例えば、「私は、知りませんてせした」「私には関係ない」「興味がない」など、今の若者を中心の自己中心的な考えです。使途には、心の壁があり、ヱヴァだけが、それを中和させる事ができます。世の中から「心の壁」取り除けばどうなるのでしょうか? サードインパクトが起こる のでしょうか ??(間違っていたらゴメンナサイ)

ちょっと一言!
「新世紀エヴァンゲリオン」「機動戦士ガンダム」「宇宙戦艦ヤマト」は、世代を超えて今も愛されているアニメ…総称して「超世代アニメ」と呼ばれています。ワタシなりの解釈ですが、「ヤマト」は、祖国の命運をかけたスペクタル戦争ドラマ。「ガンダム」は、人類の核心と戦争の愚かさを詠う反戦ドラマ。そして「エヴァ」は、SF文学 である!

カッパ採点01





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/28-5f66cf7d