FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.173

50年の時を越え、2つの人生がキッチンで出遭った。
ジュリー&ジュリア 2009年 アメリカ

ジュリー00

 1949年。外交官の夫ポールと共にパリにやって来たアメリカ人主婦、ジュリア・チャイルド。天真爛漫で食べることが好きな彼女はフランス料理に魅了され、名門ルコルドンブルーに通い始めます。やがてフランス料理のレシピ本執筆に情熱を注いでいく事に…。一方、現代のニューヨークでは作家になる夢を持ちながらも現状に満たされないものを感じ、何かを変えたいと思っているOL、ジュリー・パウエル。彼女は、ひょんなことから料理ブログを思い立ち、その中でジュリアの524レシピを365日ですべて作り上げることを決意します…。(後は映画を観て下さい)


ジュリー01

 およそ50年前にフランス料理を一般の家庭に紹介し、アメリカの食卓に一大革命をもたらした伝説の料理研究家ジュリア・チャイルドと、彼女の料理本に登場する524レシピを1年にわたって毎日作り続けブログに綴ることを決意した普通のOLジュリー・パウエル。そんな2人の実話を基に悩める2人の女性の人生が料理を媒介に時を越えて重なり合うさまをハートフルに描く女性ドラマです。
主演は、名優メリル・ストリープと「魔法にかけられて」のエイミー・アダムス。監督は「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」のノーラ・エフロン。



たわごと03

ジュリー03

決意を固めたブロガー。
 普通のOLジュリー・パウエルは、自己表現のために「料理プログ」を立ち上げます。それもかなりハードルの高い「志」をもったブログです。たぶんブログを書くという事は、もちろん楽しい事でもあるのですが、それなりに犠牲を払わなければならない場合もあるはずです。何かを始めると言う事は、限られた時間の中で何かを犠牲にする事かもしれません。しかし、それでもやめられないのはシンプルに「好き」なのだと思います。ジュリー・パウエルもシンプルに料理が大好きだったのでしょう。そしてジュリア・チャイルドは、そのための手段であったのだとワタシは思います。見せるためのブログから自己の再発見ブログへ…。だからこそ多くの方が感動したのだと思います。


ちょつと01

ジュリー02

ボナペティー !
 日本ではあまり知られていませんがジュリア・チャイルドは「アメリカの料理の母」と呼ばれアメリカの食卓に一大革命をもたらしたアメリカ人であれば、誰でも知っている料理研究家らしいです。ジュリアは外交官であった夫と共にフランスのパリに住む事となり、食べることが好きでフランス料理に魅了され37歳でパリの「ル・コルドン・ブルー」の門をたたきます。

ジュリー05

魅力的な伴侶。
 夫の愛に支えられ持ち前の負けん気と明るい性格を武器に「ル・コルドン・ブルー」を卒業。そこで学んだ本格的なフランス料理を家庭のキッチンで誰でも作れるようなレシピにして紹介した料理本をアメリカで出版し、大きな話題を集めました。ジュリアはそれをきっかけに料理番組に出演。「ボナペティ!」が決まり文句の本番中に失敗しても気にしない大らかなキャラクターが大人気となりアメリカでは彼女を知らない人はいないほどの有名人らしいです。




※肝心の映画は、ボナペティ!!
カッパ採点7点





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/260-6a0abf41