いつかみた映画
【其の三十九】

超度級B級映画の傑作 !
フロム・ダスク・ティル・ドーン 
1996年 アメリカ

フロム01

 冷徹なプロの兄セスと、残忍で病的な弟リチャードの凶悪な犯罪者コンビ・ゲッコー兄弟は銀行を襲撃し中年の女性銀行員を人質に取り、ニューメキシコに向かって逃走中でした。しかし、リチャードが人質を強姦し惨殺してしまう…。2人は仕方なく新しい人質を探すことにし同じモーテルに泊まっていた家族に白羽の矢を立て、その親子3人を拉致する事に。そして、一行はケイトの機転で国境警備員の追求をかわして入国に成功すると、兄弟が仲間と落ち合う予定の酒場「ティティツイスター」に向かった…。(後は映画を観て下さい)


フロム05


たわごと03
 牧師一家を人質にした凶悪な兄弟強盗が国境を越えてメキシコ入りします。そして、組織との待ち合わせに使われた怪しげな酒場には恐るべき秘密が隠されていました。

ここからストーリーが一変します。
 特殊メイク界の天才集団、KNBイフェクツ・グループのR・カーツマンの原案を基に、タランティーノが脚本を書き、「デスペラード」のロドリゲスが演出したアクション・ホラー傑作です。犯罪映画然とした前半から本格スプラッターと化す後半への転調が、タランティーノらしい脚本です。ロドリゲスのテンポ良い演出は素晴らしい ! 

フロム03

俳優タランティーノ。
 これでもかとたたみ掛けるバイオレンス描写と残酷描写も迫力満点! 役者陣では、兄役のジョージ・クルーニーのクルー等な悪役。そして弟役のタランティーノが魅せるキレ具合 ! ワタシ的には監督よりも俳優のタランティーノが好きかもしれない。(タランティーノ映画ファンの方スミマセン)

ちょつと01
近所のファミレスでステーキとハンバーグと海老フライを食べたようなボリューム満点の超B級映画です。




※肝心の映画は…、お腹いっぱいです !
七点半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/240-0a4cfa68