2013.06.04 レインマン
いつかみた映画
【其の三十六】

自閉症の兄と弟のロードムービー。
レインマン 1988年アメリカ

レインマン01

 高級外車のディーラーをしているチャーリーの元に自分を勘当した父の訃報が届きます。遺産目当てに故郷に戻った彼だったが遺産の300万ドルは見た事もない自閉症の兄、レイモンドの手に渡る事を聞かされる事に。なんとか金を物にしようとチャーリーは施設にいるレイモンドを誘拐まがいに連れ出し、ロスに戻ろうとするのでした…。(後は映画を観て下さい)


レインマン02
 
 トム・クルーズとダスティン・ホフマンの演技が素晴らしい、徐々に心を交わして行く展開とエピソードの絶妙さ、それらををつなぎ合わせる音楽のみで進む美しいシーンの数々。撮影開始前まで監督の交替劇が続きスピルバーグの名も挙がったものの、決定したレヴィンソン監督の持つ力量のおかげでその感動はいつまでも心に残ります。80年代を代表する作品です。


たわごと03

レインマン03

トム・クルーズのターニングポイント。
 その当時のトム・クルーズは「トップガン」のイメージをづっと引きずっていた様な気がします。そして各賞を総なめにしたこの作品…。名優ダスティン・ホフマンとの競演したこの作品で、真の俳優トム・クルーズの誕生ともなりました。その後の彼の活躍は、この一本からはじまったのかも知れません。もちろん映画は、世界映画史の残る名作です。




※肝心の映画は…
9点訂正






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/233-679c7fcc