カッパのみなソン
Selection vol.132

“好き”から逃げない。
図書館戦争 革命のつばさ 2012年日本

図書館01

 2019年(正化31年)に制定された“メディア良化法”を根拠とした武装組織“メディア良化隊”に対抗すべく、図書館が創設した防衛組織“図書隊”。高校時代に大切な本を目の前で守ってくれた図書隊員を“王子様”と慕い、図書隊に入・隊した笠原郁。類い希な身体能力を買われ図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に抜擢された彼女は、鬼教官堂上の厳しい訓練を乗り越え、現場で過酷な経験を積みながら図書隊員として日々成長します。また、憧れの王子様がその堂上と分かり、不器用ながらも距離を縮めていく郁。そんな中、郁と堂上は、新たな任務として人気小説家・当麻蔵人の身辺警護に当たることに…。(後は映画を観て下さい)


図書館03

実写版が想像できます。
 このキャラクターを見て公開中の「図書館戦争」の映像が目に浮かびます。本編は、表現の自由を巡って政府と図書館が互いに武装して対立する架空の近未来を舞台に、愛する本を守るべく図書館防衛組織に入隊した熱血ヒロインの過酷な訓練と戦闘の日々、そして淡い初恋の行方を、リアルかつ迫力のミリタリー描写と甘酸っぱいラブコメ要素を織り交ぜ描いた有川浩の大人気ベストセラー「図書館戦争」シリーズを映像化。この作品は、2008年にTVアニメ版を手がけたプロダクション I.Gと浜名孝行監督が長編アニメ映画化に挑んだアクションラブコメディです。


たわごと03

図書館00フランソア・トリュフォーの「華氏451」
 このアニメを観て映画ファンならだれものトリュフォーの「華氏451」を思い浮かべるでしょう。レイブラッドベリ原作の古典的SF小説を、名匠トリュフォー監督が映画化不滅の名作です。華氏451度とは、本が発火し燃え始める温度だそうです。この物語は、言論統制のために本が禁じられた近未来社会を舞台に本を燃やす「消防士」の職に就く主人公モンターグの苦悩の姿をえがきます。トリュフォー監督による痛烈な社会風刺です。

少しは、トリュフォーに近づけただろうか !?



※肝心の映画は…
5点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/205-add335c7