カッパのみなソン
Selection vol.129

全員悪人完結。一番悪い奴は誰だ ?
アウトレイジ ビヨンド 2012年日本

アウトレイジ01

 熾烈な下克上を制して加藤が関東一円を取り仕切る巨大ヤクザ組織“山王会”のトップに上り詰めてから5年。加藤は大友組の金庫番だった石原を若頭に抜擢し、その勢力をさらに拡大させていました。しかし内部では、若手を重用する加藤に古参幹部の不満がくすぶり始めていますた。そこに目を付けたマル暴の刑事片岡は、山王会の古参幹部を関西の巨大暴力団“花菱会”に引き合わせ、均衡を保っていた2大勢力に揺さぶりを掛けます…。(後は映画を観て下さい)


アウトレイジ03

 北野武監督が豪華キャストを起用してヤクザ社会の壮絶な抗争劇を描いた「アウトレイジ」の続編です。前作から5年後を舞台に、さらなる陰謀と裏切りがついには関西ヤクザとの一大抗争へと発展していく様を迫力のバイオレンス描写とともに描き出します。出演は前作からの続投組となるビートたけし、三浦友和、加瀬亮、小日向文世らに加え、西田敏行、松重豊、高橋克典、桐谷健太らが新たに参加しよりバイオレンスに描かれています。


たわごと03

アウトレイジ02やる時はヤル !
映画監督北野武。

世界的にも評価の高い北野作品。フランスを中心に「キタニスト」たちの異常なまでの好評価にワタシ的には、正直疑問でした。しかし、今回のこの作品は監督北野としてのスマッシュヒットです。映画の面白さと彼のテーマである「バイオレンス」とがバランス良く絡み合った秀作です。
2012年 第86回キネマ旬報日本映画ベストテンで見事第3位に選ばれています。


ちょつと01
キタニストとは…?
 もともとはフランスを中心としたヨーロッパ各地にいる、熱狂的な北野映画ファンの総称らしいです。「ソナチネ」で火が点き始め「HANA-BI」がヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したことで、世界へと広がって行きました。97年の釜山映画祭では「HANA-BI」の上映に5300人のキタニストが押し寄せ、立ち見も出たほどで、これを機に、韓国では98年に「HANA-BI」が日本映画上映第1号として一般公開されました。また99年にはカンヌ国際映画祭に出席するため、空港に降り立った北野監督をキタニストが取り囲み、サイン攻めにしたことも有名です。映画関係者にもキタニスト多数いるらしく、ゴダール、タランティーノ、カソビッツらも絶賛しています。

アウトレイジ05



※肝心の映画は…、前作以上 !
8点


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/202-b1e2acf7