FC2ブログ
「趣味は、映画鑑賞です…」などと言うと。大抵の方が「今までの観た映画ベスト…??」っ聞かれます。映画好きな方にわかると思いますが、この質問に応えるのが非常に難しい…。
好きな映画は、その時期によって異なります、例えば、若い時は、ラーメンが大好きでも、さすがに50歳になると勘弁してくれ…と思うのも当たり前。映画もそれと同じようなものです。
しかし、せっかくの映画ブログを開設したのに、好きな映画を公表しないのも馬鹿げていますよね!?
年を重ねても常に心に残る映画は、何作品か存在します…。
例えば、ロバート・レッドフォードとバーブラ・ストライサンドの名作「追憶」…。多くの映画ファンが絶賛する、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の珠玉の名作「ニュー・シネマ・パラダイス」…。非常に月並みですが、この二作品は外せません。
 しかし、あの惨劇、3.11の震災以降気になる作品があります。こんな混沌とした時だからこそ、もう一度見直さなければならない作品…、それは、世界に誇る、ジャパニメーション。

みなそん003

巨匠宮崎駿が、まだスタジオジブリでないときの名作
風の谷のナウシカ

ナウシカ
 
 この作品は、NHKでオンエアーされた「未来少年コナン」の世界観を継承し、宮崎ワールド初期の代表作です。
また、この映画が世間に与えた影響力は凄く、あまりにも悲しい。語りなくないが、あの惨劇…、オウム心理教によるサリン事件。腐海の守り神「「王蟲」、まさに「オウム」である。
 腐敗した地球は、腐海の森によって腐った土が浄化される、その浄化された毒素は、瘴気(しょうき)となって人類を浄化する…。もし、この映画がなかったら、あの惨劇も起きなかった…? 結論はまったく分からないけれど、映画が与える影響力は、大きい。もちろん、全てが負ではなく、明日への希望の方が良いのに決まっているのだが…、
 そして、震災後の今の日本で、数多くの問題。政治たちの言い訳討論よりも、今一度この映画を観て、大人も子供も、語り合ったら良いのだと思う。
「腐海の森」とは…、「王蟲」とは…、「巨神兵」とは…、「風の谷」とは、等々。今だから考え、討論するべきである、特にアニメを小馬鹿にする退屈な大人たちに観てほしいものだ!
 一本のアニメが日本を救えるかも知れない…。これぞ映画のチカラ!


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/2-0cf98038