FC2ブログ
2013.03.25 アルゴ
カッパのみなソン
Selection vol.101

この実話は、フィクションよりも大胆。
アルゴ 2012年アメリカ

アルゴ01

 1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生します。その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込む事に…。しかし、このままではイラン側に見つかるのは時間の問題で、そうなれば公開処刑は免れない。にもかかわらず、彼らの救出は絶望的な状況でした。そこで国務省から協力を求められたCIAの人質奪還の専門家、トニーメンデスは、ある計画を練りあげます…。
(後は映画を観て下さい)

アルゴ04

 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を緊張感溢れる筆致でスリリングに描き出した衝撃の実録ポリティカル・サスペンスです。監督・主演を務めるのは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」のベン・アフレック。共演にブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン。


たをごと02

祝・第85回アカデミー作品賞。
 ご存知の通り、この作品はアカデミー作品賞を見事に受賞しました。しかし、今回のアカデミー賞は何となく、仲良く賞を分け合った…そんな印象です。現にアルゴは作品賞でしたが、監督のベン・アフレックは監督賞にノミネートもされていない。そして主演女優賞には、今をときめく、大人気のジェニファー・ロレンスが見事受賞。お固いアカデミー賞が何となく身近に感じた年でもありました…。しかしワタシ的には、バーブラ・ストライサンドの「追憶」とシャリー・パッシーの「ゴールドフィンガー」をオンタイムで聞きたかったです…。

アルゴ03

ちょっと一言 !
 この「アルゴ」は、元々はジョージ・クルーニーが先に映画化しようとしていたところ、ベン・アフレックが主演・監督で申し出たのでジョージ・クルーニーが譲り、彼はプロデューサーとして名を連ねています。そしてベン・アフレックは、この映画でレッドフォード、イーストウッドを並ぶハリウッドのスター監督となる事になりました。今後が、もっと楽しみです。


※肝心の映画は…
9点訂正





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/163-34bb926c