FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1209



スポットライトの中、愛を求めて…
ジュディ 虹の彼方に 
2020年アメリカ



虹01

 1968年。かつてミュージカル映画「オズの魔法使」に17歳で抜擢され、一躍大スターとなったジュディ・ガーランドだったが、30年後の今は若いころからの薬漬けがたたって心身ともにボロボロ。映画出演のオファーもなく、巡業ショーで生計を立てるも借金は膨らむばかり。愛する子どもたちと一緒に暮らすこともままならず、やむなく彼らを元夫に預けることに。そして自らは、いまだ根強い人気の残るロンドンに活路を見出し、再起をかけて単身渡英するジュディだったが…。(後は映画を観て下さい。)



虹001

 「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのレネー・ゼルウィガーが伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を熱演し、アカデミー賞主演女優賞をはじめ数々の映画賞を総なめにした感動の伝記映画。映画「オズの魔法使」で一躍ハリウッド・スターの仲間入りを果たすも、非情なショービジネスの世界で心身ともに酷使された末、47歳の若さでこの世を去ったジュディの亡くなる直前のロンドン公演の日々を中心に、最後までステージに立ち続けた偉大な才能が辿った波乱万丈の人生を描き出す。監督は舞台演出家として活躍し、長編映画は「トゥルー・ストーリー」に続いて2作目となるルパート・グールド。



虹02


たわごと03
名声は人を幸せにはしない…。
 ご存知ジュディ・ガーランドは、古きハリウッドの大スター。1939年の超大作「オズの魔法使い」の主役17歳で演じ大ヒット。もちろん名曲「オーバー・ザ・レインボー」も大ヒット。そんな大スターなのですが、彼女の人生は決して幸福ではなかったのですね…。子役時代は、ダイエット命令が出ていて、バースディ・ケーキも食べさせて貰えない。ハンバーガー禁止、睡眠時間も十分に貰えず、眠気覚ましに薬物を与えられ、そんな過酷な現状から逃げだぞうと、ジュディは次第に薬物常習者になってしまう…。まさにハリウッド黄金時代の犠牲者なんですね。
 ただ、この映画はジュディ・ガーランドの過酷な人生を描きながらも、今でも決して色褪せてない彼女を描いています。わずか47歳でこの世を去ったジュディ・ガーランドは不幸せだったのでしょうか? ワタシ的には、彼女は「それ以上に幸せ」だったと思います。なぜならば「オーバー・ザ・レインボー」は今でも、これからも、きっと永遠に歌い継がれます。ネタバレですが、映画のラストシーンで歌う「オーバー・ザ・レインボー」が、それを物語っています。



虹03




※カッパの勝手な採点は…、
あっばれ! レネー・ゼルウィガー。
8点


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1603-c42eeed8