FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1208



また見つかった。何がだ?永遠。
海辺の映画館 キネマの玉手箱 
2020年日本



キネマ00

 尾道の海辺にある唯一の映画館“瀬戸内キネマ”が、閉館を迎え、嵐の中、最終日のプログラムとして“日本の戦争映画大特集”のオールナイト上映が始まる。すると、映画を観ていた3人の若者、毬男、鳳介、茂が突然スクリーンの世界にタイムリープしてしまう。乱世の幕末や戊辰戦争、日中戦争などを体験しながら、上映中の戦争映画の中を旅していることに気づく3人。やがて原爆投下前の広島に迷い込み、そこで看板女優の園井惠子率いる移動劇団“桜隊”と出会う3人だったが…。(後は映画を観て下さい。)



キネマ01

 2020年4月に惜しくもこの世を去った大林宣彦監督の遺作となったファンタジードラマです。20年ぶりとなる故郷・尾道を舞台に、戦争映画のオールナイト上映をしていた海辺の映画館で、突然スクリーンの世界にタイムリープしてしまった3人の若者が、それぞれの時代を生きる人々との交流を重ねながら戦争の歴史を追体験していくさまをエネルギッシュかつ自由奔放な筆致で描き出します。主演は、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、それぞれの運命のヒロインに吉田玲、成海璃子、山崎紘菜。また常盤貴子ら大林組ゆかりの俳優陣はじめ多彩な豪華キャストが脇を固めています。



キネマ02


たわごと03
大林宣彦からの挑戦状。
 我がブログの根っ子とも言える大林映画。我が愛しの大林監督の遺作であり集大成とも言えるこの「海辺の映画館 キネマの玉手箱」。我が街、徳島でも有難いことに上映される事と…、ただ一日2回の上映で、上映時間は朝と夜のみ…。まぁ約3時間の大作なので仕方ないかぁと。そんでもって朝イチ(8時半から)鑑賞。観てきました、大林監督の最強の映画哲学(フィロソフィー)。もちろん、ワタシなりの決意と覚悟はしてました…、間違いなくこの映画は遺作でありながら、超私的な大林監督の想いと映画的メッセージの塊。想像通り、期待以上、監督の脳内おもちゃ箱をひっくり返した原色の映画でした。そうまさに抽象画、監督云く「映画ゲルニカ」。(正直朝イチ鑑賞は、キツかった…)



キネマ04

 話は変わりますが、上映の何日か前に知人の女性から、吾郎ちゃん(元SMAP)が出てる「海辺の映画館」観に行きたいのだけど…、面白い?って問われたので、即答で「やめた方がいい」と答えてしまいました。そう、この映画は、キャストや話題性だけでは鑑賞は要注意。大林映画のプロでもかなの覚悟と決意が必要な強者なのです。映画を観るというより、いきなり大林ワールドに引き込まれ、鑑賞じゃなく、体感させられる。大林ワールド最期にして最強の2時間59分のデスマッチなのです。



キネマ05


映画は戦争をとめられるか?
 この映画のテーマはもちろん反戦です。大林映画末期のいわゆる戦争三部作「この空の花〜」「野のなななのか」「花筐」の集大成がこの作品。ただそれと同様に、この映画は大林監督の人生…、いや命の集大成とも言える作品。そしてこの作品を完成させて逝ってしまった監督。残念ですが、本当に幸せですよね。監督はよく「映画とは、フィロソフィー」と言われますが、きっとそれは、「自分自身の心」なのですよね…?。そして自らが「自分の心」をそのまま映画にしたのが、この最期の私的大林映画なのですから。本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。



キネマ03


※カッパの勝手な採点は…、
映画は、未来を変えられる!

8点半


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1602-40ebf9aa