FC2ブログ
2020.08.23 野性の呼び声
カッパのみなソン
Selection vol.1204



最強の相棒がいれば、人生は最高の冒険だ。
野性の呼び声 2020年アメリカ



野生01

 カリフォルニアにあるミラー判事の豪邸…。ここで快適な生活を送っていたのがセントバーナードとスコットランド牧羊犬の雑種バック。所が4歳の時、男にさらわれゴールドラッシュに沸くカナダでそり犬として働かされることに。やがてリーダーシップを発揮し仲間の犬たちとともに郵便を運ぶ仕事に精を出すバックだったが…。(後は映画を観て下さい。)



野生02

 ジャック・ロンドンの古典的冒険小説を、「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダース監督が、実写映画化。何不自由ない優雅なペット生活から一転、誘拐されて北の大地に送られてしまった大型犬のバックが、過酷な大自然の中で様々な人間たちに利用されていくうち、次第に内なる野性を呼び覚まし、逞しくも生き延びていく姿をダイナミックに描き出します。出演は、バックと友情を築いていく孤高の男ソーントン役で名優ハリソン・フォード、他にダン・スティーヴンス、カレン・ギラン、オマール・シー。


野生04


たわごと03
インディージョーンズもビックリ!
 ハリソン・フォードと言えば、やっばり「インディージョーンズ」…、このタイトルから誰もが、かつてのハリソンを思い浮かべる事でしょう、がぁ、これはハリソンさんじゃなく「犬さん」が主役。それもディズニーアニメーション『美女と野獣』や『アラジン』など、数々の名作を生み出してきたサンダース氏が手がける超本格リアルCG。「なんでもできる」もここまでやるとお見事、それはもう演技ができる犬と言う俳優なのです。で、肝心の映画なのですが、原作は、米国を代表する作家ジャック・ロンドン氏の同名タイトルの名作冒険小説で、映画化されるのは、なんとも今回が8回目。さすがに8回も映画化されると言うことは、世界中から愛される訳(理由)が満載なのでしょう。その理由を是非とも見つけて下さい。きっとそれは観た人それぞれの人生なのでしょうね??


※カッパの勝手な採点は…、
技術の進歩は、映画のチカラとなる。
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1598-cd20da54