FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1202



何かがおかしい
ゲット・アウト 2017年アメリカ



ゲット01

 ニューヨークに暮らす黒人青年のカメラマン、クリス・ワシントン。白人の恋人ローズ・アーミテージから実家に招待されるが、彼女の両親は娘の恋人が黒人であることをまだ知らず不安を隠せない。しかし、いざアーミテージ家に着いてみると、まったく心配ないというローズの言葉通り、家族みんなクリスを温かく歓迎してくれた。それでも、使用人として働いている黒人の姿に妙な胸騒ぎを覚えてしまうクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティが開かれ、多くの招待客が集まる中、白人ばかりに囲まれ居心地の悪さを感じるクリスだったが…。(後は映画を観て下さい。)



ゲット02

 人気コメディアン、ジョーダン・ピールの記念すべき監督デビュー作にして、全米でサプライズ大ヒットを記録して大きな話題を集めたホラー・サスペンスです。米国が抱える根深い人種問題を背景に、白人の彼女の家を初めて訪問することになった黒人青年を待ち受ける予測不能の運命を不穏なタッチでスリリングに描き出す。主演はダニエル・カルーヤとアリソン・ウィリアムズ。共演にブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー。



ゲット04


たわごと03
斬新かつ、衝撃的な「恐怖」…。
 前評判どうりの秀作です。ミステリー映画…、或いはホラー映画?この恐怖体験は、ワタシの長い映画人生で、初めての感覚でした。
 ニューヨーク。アフリカ系米国人のクリスは恋人のローズ・アーミテージの実家を初めて訪ねることになり、2人は車でアーミテージ家に向かいます。(ここで最初の衝撃、車が鹿を跳ね飛ばしてしまう…)
 何とか実家にたどり着いた2人…、両親は2人を歓待した?(かなりの違和感…)脳外科医の父親ディーン、精神科医であり催眠療法士でもある母親のミッシーである。そしてローズの弟ジェレミー…(良い人だけど???)
 やがてクリスは、アーミテージ家にいる男女の黒人の使用人に違和感を覚える。男のウォルターの発する言葉、突然、全力疾走する姿。女のジョージナの笑いながら涙する不気味な表情(この女優さんの演技、怖すぎ…)そしてクリスの運命は如何に…、簡単に書くとこうなのですが、これって結構怖いです。この前半の仕掛けられた「恐怖の種」が、どう繋がっていくのか、不安感と恐怖、「怖いもの見たさ」とはまさにこの映画のためにある表現?? そして衝撃のクライマックスは…。やっばり映画を観て下さい。夏の夜に相応しいオススメの一本です。



ゲット03


※カッパの勝手な採点は…、
監督は、有名なコメディアン!
8点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1595-55e43356