2013.03.21 四月物語
カッパのみなソン
Selection vol.98

岩井俊二監督が描く松たか子。
四月物語 1998年日本

四月00

 桜の花びら舞う4月、大学進学のため生まれ故郷の北海道旭川を離れて東京でひとり暮らしを始めた楡野卯月でした。彼女にとっては、毎日が新鮮な驚きでありまた冒険でした。しかし、彼女がこの大学を選んだのには人に言えない少し不純で素敵な動機がありました。



岩井

クリエーティブディレクター岩井俊二。
 「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、松たか子主演で、上京したばかりの女子学生の日常を優しく初々しいタッチで描いた作品です。ワタシ的には、彼が描く映画…いや映像は、映画と言うよりアートであり文学でもあるように思います。彼の独特の空気感と文学的な表現と映像の行間。日本映画の枠を超えた不思議な作家の一人です。


たをごと02

四月02

映画女優松たか子が美しすぎる。
 この映画の松たか子は、最高に美しい。変な意味でなく、岩井監督は、松たか子をファインダーを透して愛したのだと分かります。愛があるからこそ、彼女の魅力をそれ以上に描ききれたのだと思います。松たか子さんにとっても、この作品は宝物だと思います。



8点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/159-06c8345c