FC2ブログ
2020.02.24 惡の華
カッパのみなソン
Selection vol.1190



僕は変態なんかじゃ…ない。
惡の華 2019年日本



悪の華01

 周りを山に囲まれ閉塞感漂う地方都市に暮らす中学2年の春日高男。ボードレールの詩集『惡の華』を愛読し、誰とも理解し合えない孤独な毎日を送っていた。そんなある日、ふとした出来心から、憧れのクラスのマドンナ・佐伯奈々子の体操着を盗んでしまう。しかしその現場をクラスの問題児・仲村佐和に見られてしまう。そして秘密にする代わりに、彼女の命令に従うよう強要され、その変態的な要求に次第に精神的に追い詰められていく春日だったが…。(後は映画を観て下さいね)



悪の華02

 思春期特有の心の闇をセンセーショナルながらもリアルな痛みとともに鮮烈に描き大ヒットした押見修造の傑作コミックスを「片腕マシンガール」「電人ザボーガー」の井口昇監督が実写映画化した青春暗黒エンタテインメントです。鬱屈した感情を抱え悶々とした日々を送る少年が、出来心で犯した変態行為を、心に深い闇を抱えた女子に見とがめられ、さらなる変態行為を強要されていく危険な共犯関係の中で、図らずも奇妙な絆が芽生えていく暴走の行方を描く。主演は「今日から俺は!!」の伊藤健太郎と「チワワちゃん」の玉城ティナ。共演に秋田汐梨、飯豊まりえ。



悪の華03


たわごと03
激しすぎる、青春の憤り…。
 結構ハマった、テレビドラマ「今日から俺は!!」の伊藤健太郎くんが主演というだけで、観たこの作品…。まぁ、最近よくある漫画原作の青春キラキラ映画と思いや、えっ、これ、凄いですよね?? (中学2年生で何故かボードレール「惡の華」を愛する一風真面目な春日高男。彼がが憧れる、クラスのマドンナ佐伯奈々子、そしてクラスで孤立している仲村佐和。ある日の午後、春日が佐伯さんの体操着を盗んだことから…)は始まりに過ぎず、激しすぎる青春ドラマ?が繰り広げられる。「クソムシ」「変態」「クズ」などの罵声が飛び交い、表現も超過激で際どい…、お子様、ご家族鑑賞は、きっとNGの方が無難。ただ、ワタシ的には決してキライでは無く、むしろ共感できなくもない。映画としても作者の想い…、と言うか憤りがビシビシと伝わってくる。なんなんだろうこの感覚、そうかつての「ATG」作品を彷彿する空気感がなんとも刺激的。決して褒められる彼や彼女たちではないのですが、あの思春期の頃の、何となくムズムズする苛立ちは、誰もが心の中に抱え立てた「惡の華」なのかも知れませんね?



悪の華04


※カッパの勝手な採点は…、
何故か、記憶に残る一本です。
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1579-b6e4fe95