FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1187



これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。
アルキメデスの大戦 2019年日本



アルキメデス01

 1933年。欧米との対立を深め、軍拡路線を進める日本では、海軍省が秘密裏に世界最大の戦艦の建造を計画していた。その一方で、海軍少将・山本五十六をはじめとする“今後の海戦は航空機が主流になる”と主張する“航空主兵主義”派も存在し、“大艦巨砲主義”の推進派と激しく対立していた。そこで、山本は独自に建造費を見積もり、計画の欺瞞を指摘して建造を阻止しようと目論む。そのために彼が目を付けたのが、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。しかしこの男、筋金入りの軍隊嫌いで、おまけに超のつく変わり者だったのだが…。(後は映画を観て下さいね)



アルキメデス02

 三田紀房の同名人気コミックスを「ALWAYS三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督が実写映画化したサスペンス・エンタテインメントです。巨大戦艦“大和”の建造計画の是非を巡り、海軍内部が二分する中、数学によって計画を阻止しようと奔走する天才数学者の奮闘を描く。主演は「あゝ、荒野」「溺れるナイフ」の菅田将暉。共演に舘ひろし、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶、田中泯。



アルキメデス03


たわごと03
日本人にとっての「大和」とは…。
 アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」では、「ヤマト」とは「大いなる和」…、そしてこの「アルキメデスの大戦」では、田中泯演じる平山忠道中将は、「大和」は日本人にとって「依代」と表現した…。そうワタシ達日本人にとって「大和」とは、戦争が生み出した兵器ではなく、ある種特別な魂のような存在?なのかも知れません…。
 そして、この映画は、もちろんフィクションです!ただ実話ではないですが、実話をモデルにした部分があったり、実在モデルにしたキャストが登場したり、実話ミックスの物語となってる所が、なんとなくも不思議なリアリティーを醸し出してます。原作者の三田紀房さんは、もうすぐ開催される東京オリンピックの新国立競技場建設計画を巡り、1300億円だった予算が倍以上の3000億円超えになったことに疑問を抱くうちに、戦艦「大和」が思い浮かんだそうです。戦艦「大和」も当時の国家予算の4%にあたる建造費1億4503万円をかけて建造されたから、現代の新国立競技場と同じように賛成派と反対派で対立する物語が思い付いたのでしょうね?巨大戦艦を作ろうとする派と、空母と戦闘機中心の戦いにすべき派で、意見の対立…、漫画だからできる奇想天外なアイデア。そしてそれを見事に映像化した山崎貴監督も凄いです。このブログでは何度も書いたように、ワタシ的には、山崎貴監督を日本で最も「安心・安全」の映画監督と思っています。もちろん今回もグッドです。CGを必要最小限に抑え、人間ドラマをよりダイナミックに描く…。またまた、今回も職人技をを堪能させて頂きました。ワタシ的には凄く面白かったです!!



アルキメデス05



※カッパの勝手な採点は…、
♪ 戦艦大和が沈むとき…?
8点





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1576-8cb5447d