FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1177



「ターミネーター2」の正統な続編。
ターミネーター:ニュー・フェイト 
2019年アメリカ



T01.jpg

 メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーは、未来からやって来たターミネーター“REV-9”の突然の襲撃に遭う。絶体絶命の窮地を、今度は未来から送り込まれた強化型兵士のグレースが救う。それでも執拗に迫ってくるREV-9にグレースが手を焼いていると、どこからともなく伝説の女戦士サラ・コナーが現われ、REV-9を撃退する。グレースによると、ダニーの命には人類の未来がかかっているという。やがてダニー、グレースと行動をともにするサラの前に、かつて溶鉱炉で消滅したはずの旧型ターミネーター“T-800”が姿を現わすが…。(後は映画を観て下さいね)



T02.jpg

 「ターミネーター」シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンが製作・原案として「ターミネーター2」以来の復帰を果たし、同じく同作以来のシリーズ復帰となるサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンを主演に迎え、改めて「ターミネーター2」の直接の続編として贈るSFアクション大作です。シリーズの顔アーノルド・シュワルツェネッガーも再登板し、“審判の日”が回避されたはずの人類を待ち受ける新たな衝撃の運命を描く。共演はシリーズ初参加となるマッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ。監督は「デッドプール」のティム・ミラー。



T05.jpg


たわごと03
リブートとより、潔くリメイクの方が…?
 昨今の映画市場でよく耳にする…、「リメイク(作り直し)」、「リブート(再起動)」、「スピンオフ(副産物)」。映画の興行的な視線から、どうしても新作よりもそのタイトルのブランド力に頼った企画が優先するのも理解できるのですが、少々やり過ぎ…?? そして今回「イオンシネマ」で観させて頂いた、最新作もいわゆるリブート…なのですが、それがまた不思議な再起動なのです。と言うことで、今までの「シリーズタイトル」を箇条書きにしてみました。

・ターミネーター  (1985年) 監督・脚本 ジェームズ・キャメロン
・ターミネーター2 (1991年) 監督・脚本 ジェームズ・キャメロン
・ターミネーター3 (2003年) 監督 ジョナサン・モストウ
・ターミネーター4 (2009年) 監督 マックG
・ターミネーター:新起動 / ジェニシス (2015年) 監督 アラン・テイラー

 で、今回の「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、大ヒットした「ターミネーター2」の正統な続編なのです。なので3〜4(ジェニシスは別物)は、なんと「無かったこと…」と言う大胆な企画。もちろん、生みの親ジェームズ・キャメロンさんたちの大人の事情満載なのでしょうが、今まで観てきた往年のファンとしては、何とも複雑な気分でしょうね…。このシリーズにさほどの思い入れのないワタシとしても少々違和感が…、と言いながら名作「T2」が、それ以上かも…?? と期待を抱いて、まんまと劇場に向かいました。…スミマセン、感想は個人によって異なりますが、これ再起動と言うより、「T2」を意識したリメイク、いわゆる焼き直し。もちろん繋がってますし、キャメロンの元妻、リンダ・ハミルトンもシリーズの顔アーノルド・シュワルツェネッガーも再登板し、ワタシには正直よく理解出来ない過去と未来で繋がってます。敵役の最新型のターミネーターREV-9は、T-1000を継承する液体金属のバケモノ。ただ、何でも出来ちゃう今では、あの時の衝撃はない…。まぁ、賛否は兎も角、最新作ターミネーターを是非ともご覧下さい。ワタシ達世代としては目を背けてはならない作品かもしれませんね??



T04.jpg


※カッパの勝手な採点は…、
ワタシ的には、リンダ・ハミルトンが主役?
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1565-3c547b5d