FC2ブログ
映画的旅情
【其の二十六】


漁師のおかみさんたちが始めた市場
久礼 大正町市場
2019年 9月



久礼01

 私事ですが、7月にかねてから病気療養中の母が他界…、それに伴う様々な事柄も何とか終えることができ、悲しみにふける間もなく、ふと気づくともう秋…。悲しいと言うより忙しかった日々、そして仕事も?休めてない!そんなこんなの鬱憤を糧にで、先週の三連休の初日に、兼ねてから行きたかった、お隣高知県の小さな町の市場「久礼 大正町市場」に行ってきました。お隣と言っても、徳島市内からクルマで約3時間、結構な距離です。愛猫「ユキちゃん」が居るので、基本日帰りじゃなきゃ行けない我が家の事情からすると、何とかギリギリの距離ですが、美味しいタタキと港町の風情を求めて行ってきました〜!!



久礼04

スーちゃん主演の「土佐の一本釣り」の舞台
 賑やかであったかい、漁師のおかみさんたちが始めた市場高知県西部の中土佐町・久礼へは、「カツオ一本釣り」の漁法で知られる、昔ながらの漁師町です。そして、青柳裕介さんの「土佐の一本釣り」の舞台。1980年には、前田陽一監督が田中好子(スーちゃん)主演で映画化。漁船が停泊する入り江の周りに漁師たちの家が立ち並ぶ様は、ノスタルジックな風情があり、2011年には漁師町として初めて、国の「重要文化的景観」に指定されています。映画の舞台で、なおかつ「高知で鰹を食べるならここ!」とキャッチフレーズ。もちろん頂きました、超新鮮のカツオのたたき!



久礼02

高知で鰹を食べるならここ!
 公式ホームページのトップのキッチが、「高知で鰹を食べるならここ!」と、シンプルで超ストレート。アーケード(市場)の一角にある「田中鮮魚店」で購入し、店の前の食堂で料理していただき…即、「いただきます」。獲れたてピチピチの高知の鮮魚が、不味い訳がない、もちろん高知(主に市内)で食べたタタキとは一味違う。ただ、二人揃っての「貧食」…。折角のタタキも写真程度しか食べられない。これって恥ずかしながら全部で、たったの1500円…。わざわざ徳島から来て、この程度の食欲で申し訳ないです。それでも暖かく笑顔で接してくれた、「久礼大正町市場」の皆様に大感謝です。本当に美味しかったです!



久礼03

カツオ出汁のところてん?
 美味しい鮮魚を頂いた後は、あっさりと市場の名物の「ところてん」。一見普通の普通のところてんなのですが、これがなかなか個性的で美味しい。今まで食べたことのない不思議な「ところてん」。「ところてん」が、と言うより出汁が旨い!そう、もちろん出汁は鰹。そして、その場でオッチャンが、「かぼす」擦ってふりかける。食べると言うより飲み干す、なかなか粋なところてんを頂きました!



久礼05


人情あふれる漁師街に…
10点




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1556-4df6b39d