FC2ブログ
2019.08.24 HOUSE ハウス
いつかみた映画
【其の百五五】



大林劇場版映画、第一作!
HOUSE ハウス 
1977年 日本



ハウス01

 中学生のオシャレは、今日も仲間のファンタ、ガリ、クンフー、マック、スウィート、メロディーたちと間近になった夏休みのことをワイワイ話している現代っ子。オシャレが学校から帰ると、イタリアから父が帰国していた。父は彼女に、自分の再婚の相手だと言って涼子を紹介する。新しい母など考えてもいないオシャレにとっては、これはショックだった。自分の部屋にもどって、ふと思い出したオバチャマのところに手紙を出し、夏休みに仲間と行くことにする…。(後は映画を観て下さいね)



ハウス02

 CF界の鬼才・大林宣彦が初めて手がける劇場用映画で、7人の少女と奇妙な羽臼屋敷を中心に幻想的ななかにスラプスティックな面とブラックユーモアを織りまぜて描くオカルト映画です。脚本は「ホテル強制わいせつ事件 犯して!」の桂千穂、監督は大林宣彦、撮影は阪本善尚がそれぞれ担当。



ハウス03


たわごと03
嫌よ嫌よも好きのうち…。
 WOWOWさん、ありがとう!先日のノンフィクションW「大林宣彦&恭子の成城物語 ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~」のオンエアーに伴い、大林映画(劇場版)の記念すべき第1作、「HOUSEハウス」等々がオンエアーされました。久しぶりにと言うか、初上映から初の再鑑賞です。(自分でもビックリ)今でも鮮明に覚えてますよ、高校1年の夏休みに地元・徳島東宝で観させて頂きました。そして激怒し、当時の映画日記(ロードショーの付録)に、「こんなの映画じゃない、邦画をバカにするな!」と記載したことも今でも鮮明に憶えてます。まぁ、当時のくそ真面目な?? 映画少年としては、やっぱり無理でしょうね。映画的手法だけではなく、映画会社として戦略?? 映画を売ると言うより、「大林宣彦」を売る広報戦略も、無垢な少年(今はオッサンです)には、好きになれなかったのでしょうね?? (現仕事と超矛盾してます) そんな矛盾だらけのこの記念すべき作品…。やっぱり凄いです、自らを映像の魔術師と語り、愛娘が発案した奇抜はアイデアと乱雑でかつ繊細な演出と編集。時代と共に色あせるのではなく、寧ろ新しさを感じる…、不思議な作品です。不思議と言えば、創刊100年を迎えた映画雑誌「キネマ旬報」企画した年代別のベスト・テン「1970年代日本映画ベスト・テン」では、堂々の5位(当時は枠外の第21位)!時代が映画に追いついてきた…、大林映画の凄さを痛感させられました。



ハウス04


※カッパの勝手な採点は…、
語りきれない、想いで溢れてます。
8点





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1551-730f4023