FC2ブログ
2019.08.04 天気の子
カッパのみなソン
Selection vol.1163



僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語
天気の子 2019年日本



天気01

 天候が不順で雨が降り続く夏の東京。離島の実家を家出した高校生の森嶋帆高は、なかなかバイト先を見つけられず、東京の厳しさに打ちのめされかけていた。そんなとき、小さな編集プロダクションを経営する須賀圭介に拾われ、住み込みで働くことに。さっそく事務所で働く女子大生の夏美とともに、怪しげなオカルト雑誌のための取材を任された帆高。やがて彼は、弟とふたりで暮らす明るい少女、天野陽菜と出会う。彼女にはある不思議な能力があった。なんと彼女は、祈るだけで雨空を青空に変えることができるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



天気02

 大ヒット・アニメ「君の名は。」の新海誠監督が再び川村元気プロデューサーとタッグを組んで贈るファンタジー長編アニメーションです。天候の調和が狂っていく時代を舞台に、不思議な能力を持つ少女と出会った家出少年が運命に翻弄されながら繰り広げる愛と冒険の物語を描きます。声の出演は主人公の少年少女に醍醐虎汰朗、森七菜。小栗旬、本田翼、倍賞千恵子、平泉成ら豪華キャストが脇を固てます。



天気03


たわごと03
これが、新海誠だぁ !?
 この前アップした「太陽の王子ホルスの大冒険」は、1968年…。さすがに半世紀以上経つとアニメの技術も技法も進化しましたね。どちらかと言えば手造り感満載の新海アニメだったのですが、大ヒットした前作「君の名は。」から驚くほどパワーアップしましたよね、特に今回は、250億円越えを達成した超ヒット作の次作なので、日本アニメ界のエキスパートたちが最高の表現力で各部の製作に携わったはず?実はワタシ的に凄く気になったのは、エンドロール見つけた、「山本二三」というクレジット。劇中の描かれた空には、「二三雲」とも呼ばれる、ボリューム感のある雲…、さすがの新海君も大先輩の山本二三先生に頼ったのかなぁ…と思うと、何となく嬉しくなってきました。ところで、話は変わりますが、肝心のこの最新作の出来映えは…、と言うと巷ではかなり賛否両論ですよね。まぁ、そうでしょ、あのラストと言うか結論で有りはじまり…。ただ、ワタシ的には「君の名は。」より、こっちが好き!この何となく、程よい居心地の悪さ(こんな表現でゴメン)が、新海さん?彼らしい…。多才なスタッフ、巨額の製作費、興行的プッシャー…等々 そんなこんな状況でも彼らしい作品を見ることが出来ました。彼が描く、こっち側の世界に何故かホッとしました。



天気05


※カッパの勝手な採点は…、
雨の描写は、彼の真骨頂!
七点半


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1549-961fd83e