FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1162



歌って、恋して、傷ついて…、私は生まれ変わる。
アリー スター誕生 
2018年アメリカ



スター01

 ウェイトレスとして働きながらも歌手を夢見るアリーだったが、なかなか芽が出ず自信を失いかけていた。そんな時、場末のバーで歌っていたアリーの前に、世界的ロックスターのジャクソンが現われる。彼はアリーの歌声に惚れ込み、彼女を自身のコンサートに招待する。そして、いきなり大観衆が見つめるステージにアリーを呼び込み、一緒にデュエットを披露し、観客からの喝采を浴びる。これをきっかけにアリーは一気にスターへの階段を駆け上がっていくとともに、ジャクソンとも深い愛情で結ばれていくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



スター02

 これまでにも何度もリメイクされてきた1937年の名作「スタア誕生」を原作に、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、相手役を務める「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが記念すべき監督デビューを飾った感動の音楽ドラマ。歌手を夢見る一人の女性が、国民的人気ミュージシャンに見出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で皮肉な運命が交差していく2人の間に芽生えた愛と葛藤の行方を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスとともに描き出します。



スター03


たわごと03
名作は、幾度も繰り返される…。
 映画ファンにはお馴染みのこのタイトル…、今回で実に3回目のリメイク、ストーリーの大筋こそ従来作品を継承しつつもレディー・ガガの圧倒的な歌唱力と存在感、そしてブラッドリー・クーパーの熱演と監督としての熱い思い入れがビシビシと伝わる力作です。

■スタア誕生 (1937年)  
 ウィリアム・A・ウェルマン監督、ジャネット・ゲイナー、フレデリック・マーチ主演
■スタア誕生 (1954年)  
 ジョージ・キューカー監督、ジュディ・ガーランド、ジェームズ・メイソン主演。
■スター誕生 (1976年)  
 フランク・R・ピアソン監督、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン主演。

スター05
 ▲ スター誕生 (1976年)  バーブラ・ストライサンド

 〜となるこの作品は、1937年度版「スタア誕生」をリメイクした3度目の作品です。なんと過去3作すべてがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞などの映画賞で有力部門を争っており、その力は世紀を跨いでも健在だったようです。製作・監督・脚本そして主演を務めたブラッドリー・クーパーは、この作品のために4年の歳月をかけて準備と役作りに挑んだということで、クーパーはボーカルレッスンや楽器演奏の特訓も受けたのだとか。それにしても歌旨い、旨すぎです!レディー・ガガ様の歌唱力は音楽に疎いワタシでも知ってますが、彼の歌唱力はそれ以上の何かを感じさせます。クーパーの歌唱力に驚いて、ガガ様の演技力に仰天?? 半端じゃない器用さに脱帽です。ただ、とあるニュースで知りましたが、映画に入れ込み過ぎたことが原因で、「ブラッドリー・クーパーとイリーナ・シェイクが破局」…。まぁ、それとこれとは違うかも知れませんが、彼にとってのこの作品は、きっと人生を揺さぶる程の作品だったのでしょうね?是非とも彼の魂の逸品をご覧ください。



スター04


※カッパの勝手な採点は…、
76年度版のバーブラの熱唱も観てみたい!
8点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1547-40cfa603