FC2ブログ
2019.06.27 散り椿
カッパのみなソン
Selection vol.1158



ただ、愛のために…
散 り 椿 2018年日本



椿02

 享保15年。かつて故郷の扇野藩で平山道場・四天王の一人と謳われた剣豪・瓜生新兵衛は、藩の不正を糺そうとして失敗し、放逐された過去を持つ。そんな浪人となった新兵衛に連れ添い続けた妻・篠が病に倒れてしまう。篠は新兵衛に対して“采女様を助けてほしい”と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってのかつての親友にして恋敵であり、不正事件をめぐる因縁の相手でもあった。篠の願いを受け、扇野藩へと戻ってきた新兵衛は、不正事件の真相を突き止めるべく奔走するのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



椿01

 日本を代表する名キャメラマン木村大作が「劔岳点の記」「春を背負って」に続いて3度目の監督を務め、直木賞作家・葉室麟の同名小説を映画化した本格時代劇。藩の不正を訴えたばかりに、逆に藩を追われた主人公が、亡くなった妻から託された最期の願いを胸に、再び過去の因縁に愚直に立ち向かっていく凛とした姿を、激しい殺陣を織り交ぜつつ美しい映像で描き出す。主演は「海賊とよばれた男」「関ヶ原」の岡田准一。共演に西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、奥田瑛二。



椿04


たわごと03
映像にも行間がある…?
 日本映画の名カメラマン木村大作…。さすがですね、彼が創り出す「絵」だけで十分に見応えがあります。ひとつひとつのカットの隅々にまで目配りが利いている繊細さかつ大胆さ、そして沈黙、または静寂…、映し出された映像には「行間」があり、それだけで映画として成り立っています。そんな彼が、監督(3作目)として手掛けたのは、見応えのある時代劇でした。直木賞作家・葉室麟の同名小説を映画化し、主演には、アクション等には、一寸うるさい?岡田准一さん。そして共演に西島秀俊さん。ノリに乗ってる旬の2人を木村ワールドに引きずり込み、映画としての面白さを存分に魅せてくれます。ただ、木村監督からすれば、そんな人気者も映画としての手段、絵としての一部であり、風景…。段端と進む物語、多くを語らない必要不可欠な会話、等々…。よけいな味付けは無いのですが、上質の和食を頂く感覚で、ぜひご覧ください。



椿05


※カッパの勝手な採点は…、
日本って、なんて美しいんだ。
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1543-a4bbe34b