FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1151



本がつなぐ「過去」と「今」…
ビブリア古書堂の事件手帖
2018年日本



古書02

 活字が苦手な体質で、体力だけが取り柄の青年・五浦大輔は、祖母・絹子が遺した夏目漱石の『それから』に書かれていた漱石のサインの真贋を確かめてもらうため、近所の古書店“ビブリア古書堂”へとやって来る。店主は意外にも篠川栞子という若くて美しい女性で、ちゃんと商売が出来るのかと心配になるほど極度の人見知りだったが、古書のことになると我を忘れて話し続けてしまうほど本への深い愛情と並外れた知識を持ち合わせていた。そんな栞子は、サインの謎を解き明かしたばかりか、絹子が家族にもひた隠しにしてきたある秘密をも指摘してしまう。このことが縁で大輔は古書堂で働くことになるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



古書00

 北鎌倉の古書店を舞台に、本のことなら何でも知っている女店主とその助手を務めるバイトの青年が、古書にまつわる事件を解決していく三上延の大人気ミステリー・シリーズを黒木華と野村周平の主演で映画化した青春ミステリーです。共演は成田凌、夏帆、東出昌大。監督は「繕い裁つ人」「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子。



古書03


たわごと03
古書をめぐる、それぞれの人間模様。
 北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」…。その設定だけで好きです!物語は、夏目漱石の『それから』と太宰治の『晩年』のふたつの古書をめぐる数奇な運命をミステリアスに描きます。祖母の想い出を訪ねる、活字が苦手な、野村周平さん演じる、五浦大輔と古書マニアで少々浮き世離れしてる、黒木華さん演じる「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子。そして夏帆さんな演じる、若き日の祖母・絹子と東出昌大さん演じる、文学に魅入られた青年・田中嘉雄…。原作は未読なので、それで良いのか悪いのかは分かりませんが、ワタシ的にはOKです。古書をめぐる不器用な恋が、ホンノリと描かれてて、本格的なミステリーとは言えませんが、ある意味、古典的な要素を取り入れた新感覚なミステリーに仕上がっていると思います。祖母の50年前の「秘められた愛」…、是非ともご堪能くださいね。



古書04



※カッパの勝手な採点は…、
鎌倉に行きたい!
カッパ採点7点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1536-837b6144