FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1149



音を立てたら、即死。
クワイエット・プレイス
2018年アメリカ



プレイス01

 音に反応し人間を襲う“何か”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか生き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして子どもたちは手話で会話し、裸足で歩くなど、音を出さずに生活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな一家には、妊娠中のエヴリンの出産という最大の危機が目前に迫っていたのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



プレイス02

 低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めたサスペンス・ホラーです。音を一切出さないように細心の注意を払い、何かに怯えながら生活する一家の戦慄のサバイバルの行方を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実生活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが自ら務めています。



プレイス03


たわごと03
重苦しい、息苦しい、恐ろしい…。
 外来種??と位置づけられる正体不明の怪物によって、人類が滅亡しかかっている近未来。彼らはあらゆる音に反応し瞬時に襲いかかる…。とにかく生き延びるには「音を立てない」…。そう、この切り口だけで、すでに重苦しい。そんな重苦しい世界で、懸命に生きる家族。もちろん会話は手話が主体であり、あり得ないほどの不自由と恐怖…。何とか、その状況に応じた暮らしをするも、ほんの少しの油断から最愛の娘を失い、長女と父親の関係も悪化。そして幸か不幸か、母親の胎内には新しい命が…。えっ、しゃべれない、音をたてられない…、なのに母親は声を出さずに出産を乗り切れるのか!そして赤ん坊が泣いたら??? そんな息苦しい疑問と恐怖を抱きながら、観ると言うより体感する感覚で物語は、グイグイと進んで行きます。そして、いよいよクライマックス、その姿を見せる彼ら…、何分に低予算なので、まぁ、こんなモノなんですが、やっぱりそれなりに恐ろしい? そう彼らが、怖いのではなく、音の出せない、その暮らしが怖いのです!是非是非、体感して下さいね。



プレイス04



※カッパの勝手な採点は…、
音の無い、映画も新鮮ですね。
七点半




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1534-9fa9f51d