FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1144



復讐を、手にしたふたり…
ビューティフル・デイ 
2017年イギリス



ビューティフル01

 元軍人のジョーは行方不明者の捜索のスペシャリスト。トラウマに苦しみ、自殺願望を抱えながらも、危険な汚れ仕事で生計を立て、年老いた母を世話していた。ある日、警察沙汰にしたくない州上院議員から、10代の娘ニーナを売春組織から取り戻してほしいという依頼が舞い込む。さっそくハンマー片手にニーナが囚われている娼館に乗り込み、無事少女を救い出すことに成功するジョーだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ビューティフル02

 カンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞の2冠に輝いたクライム・ドラマ。ジョナサン・エイムズの同名小説を「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督、「ザ・マスター」「インヒアレント・ヴァイス」のホアキン・フェニックス主演で映画化。闇社会での人捜しを専門に請け負う孤独な元軍人の男が、組織に掠われた少女を救出する中で思わぬ陰謀に巻き込まれていくさまと、心が壊れてしまった少女との間に芽生える絆の行方をスタイリッシュなタッチで描く。共演はエカテリーナ・サムソノフ、ジュディス・ロバーツ。



ビューティフル03


たわごと03
描かれてない真実とは…。
 私事ですが、高校時代(美術部)の恩師が、今年も個展を開くことなり、及ばずながら多少のお手伝いをさせて頂きました。大したお手伝いも出来なかったのですが、そのお礼として、恩師直筆の一枚の水彩画(ガッシュ)を頂きました。作品は縦長の小柄な風景画、縦位置の構図の中心から少しずれた所に、深い緑色をした一本の樹。下絵の上から塗り込んだ秋色(深緑)の不透明水彩の明暗が、秋の気配を感じさせます、ただ、完全に描き込んではなく、必要でない箇所に於いては、下絵が見える状態…。見方によると完成作ではなく、描き残しがある未完成作品…。なのですが、その書き込んでない部分と書き込んだ部分のバランスが、ワタシは、凄く気に入ってます。穏やかな秋の気配ではなく、その後に訪れる、厳しい冬の寒さを予感させます…。ところで、この映画「ビューティフル・デイ」も、この一枚の絵と同様、描き込んでいる部分と、そうでは無い部分、いわゆる行間(見えない部分)とが混ざり合ってます。正直、説明不足、よく分からない?なのですが、実は、凄く感じる、いや感じ会える…??。もちろん、決して完成度の低い作品ではなく、映画としてのクオリティーも申し分なく、それ以上に計算された作品だと思います。絵画も映画も、しっかりと塗り込んだ作品が完成なのではなく、何かを予感させる、描き残しの「見えない部分」も大切なのでしょうね。



ビューティフル04



※カッパの勝手な採点は…、
今後の、ホアキン・フェニックスに要注意!
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1528-046f2d01