FC2ブログ
2019.03.22 響 HIBIK
カッパのみなソン
Selection vol.1143



私は曲げない。
響 HIBIK 2018年日本



響01

 若者の活字離れが進み、出版不況が続く文学界。そこへすい星のように現われたのが、現役女子高生の天才少女・響。文芸誌『木蓮』の編集者・花井ふみとの運命的な出会いによって、一躍脚光を浴びた響だったが、その言動はあまりにも常識離れしていた。相手が誰であろうと、歯に衣着せぬ物言いで思ったままを口にし、時には暴力さえも厭わない。次々と物議を醸しながらも、関わった人々の価値観を揺さぶり続ける響。そんな彼女の処女作は社会現象を巻き起こし、ついには直木賞と芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



響00

 “マンガ大賞2017”で大賞に輝き話題を集めた柳本光晴のヒットコミックス『響~小説家になる方法~』を欅坂46の平手友梨奈主演で実写映画化したエンタテインメント・ドラマです。圧倒的な文才を持ちながらも暴力的でエキセントリックな言動を繰り返す天才女子高生・響が、世間の常識を歯牙にもかけず、周囲に巻き起こしていく荒波の行方を描く。共演は北川景子、アヤカ・ウィルソン、小栗旬ほか。監督は「君の膵臓をたべたい」「センセイ君主」の月川翔。



響02


たわごと03
うれしい、映画化!
 我が郷土の現役人気漫画家、柳本光晴の 「響 〜小説家になる方法〜」(自分リンクでスミマセン…)を完全映画化!ありがとうご゛さいます、徳島ケンミンを代表して改めて御礼申し上げます。ただ、どうなんだ、地元での盛り上がり…、殆ど無し、格別の記念イベントもなし、もちろん舞台挨拶もなし…、まぁ、ご本人ご自身も露出する事があまり好きでしないようなので、仕方ないのかなぁ…?ただ、いつまでも「阿波おどり」にオンブにダッコでいい物なのかとワタシ的にはちょっと心配?まぁ、それはさておき、“マンガ大賞2017”に選ばれた原作漫画を豪華キャストで映像化した、この作品なのですが、想像以上、期待以上に、良く出来てました!テーマが非常に斬新で、なおかつ映像化しやすいストーリー展開。原作漫画もどちらかというと映画的コマ割り。そんな事も幸いしてか映画としてのテンポ心地良い。原作もそうなのですが、書き込む部分と書き込まない部分の差別化が上手く出来ていて、〜例えば、鮎喰響が投稿した「お伽の庭」の内容や凄さについては、全く触れず、映画的技法で言う、いわゆる「マクガフィン」を活用。もちろんそれでも、物語はしっかりと展開し、少し異常なまでの彼女の暴力行為も、ある意味映画的?昨今増えた漫画原作の映画化、「う〜ん?」という作品が多い中、この「こぢんまり」した作品は、久々の成功例ではないでしょうか。



響03


※カッパの勝手な採点は…、
鮎喰は、徳島の地名です!
七点半



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1527-bc14c7a6