FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1134



僕が忘れた「大切なモノ」を届けるために…
プーと大人になった僕 
2018年アメリカ



プー00

 少年クリストファー・ロビンは“100エーカーの森”で親友のプーやその仲間たちと楽しい毎日を送っていたが、やがてロンドンの寄宿学校へ転校することに。“きみのことは絶対に忘れない”と固く誓ってプーと別れたクリストファー・ロビン。月日は流れ、大人になった彼は妻のイヴリンと娘マデリンとともにロンドンに暮らしていた。しかし仕事が忙しくて家族とはすれ違いの日々が続いていた。そんなある日、なぜかロンドンで途方に暮れていたかつての親友プーと驚きの再会を果たす。森の仲間たちのもとに戻れなくなったプーの頼みを聞き入れ、一緒に“100エーカーの森”へと向かったクリストファー・ロビン。ピグレットやティガーら森の仲間たちとも再会でき、少年時代の懐かしい日々を思い出すクリストファー・ロビンだったが…。(後は映画を観て下さいね)



プー01

 世界中で愛され続けるA・A・ミルンの児童文学『くまのプーさん』に登場するプーさんの大親友クリストファー・ロビンのその後を映画化したファンタジー・ドラマです。大人になり仕事に追われるクリストファー・ロビンが、プーさんや森の仲間たちと奇跡の再会を果たしたことで、忘れていた大切な何かを思い出していく姿を描く。主演はユアン・マクレガー、共演にヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル。監督は「ネバーランド」のマーク・フォースター。



プー03


たわごと03
疲れた大人達へ…、ディズニーからの贈り物。
 ご存じ「クマのプーさん」の実写化です。ただ、やっぱり凄いですね、ディズニーさん!常に本気ですね。原作童話からは、かなりかけ離れてますが、上手に脚色され、大人向けの上質なファンタジーに仕上がってます。仕事に追い回されて、家族との時間の取れないお父さん、お母さんには必見の映画です。(もちろんお子様も大歓迎!)映画的手法もさすがです。縫いぐるみプーさんには、表情がない…、ガラス玉の目、ギクシャクした動き、今の最先端の技術なら、もっともっとリアルに表現できたはずなのに、敢えてやらない「匠の技術」が素晴らしいです。その無表情から放たれる「言葉」に優しい奥行きがあり、行間がある。そして、プーとは対照的に、大人になったクリストファーが言います、「君たちの事は忘れていたよ…」。そうなんです、忘れてしまっているのです。あの頃のあの少年を…。そしてこの映画を観て、あの頃の「少年」に戻って下さいね!すごく素敵な気分になれますよ。



プー02



※カッパの勝手な採点は…、
ふりむけば、誰もが少年!
8点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1517-38443972