FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1133



時代を変えた、女と男の熱い戦い!
バトル・オブ・ザ・セクシーズ 
2017年イギリス・アメリカ



バトル01

 全米女子テニス・チャンピオンのビリー・ジーン・キングは、女子の優勝賞金が男子の1/8であることに反発し、仲間たちともに“女子テニス協会”を立ち上げる。世の中でも男女平等の機運が高まる中、幾多の困難を乗り越え、女子だけの大会の開催にこぎつけるビリー・ジーン。そこへ55歳の元世界王者ボビー・リッグスが対戦を申し込んでくる。男性至上主義を恥じることなく、女子選手を小馬鹿にするボビーは、ビリー・ジーンとの対決で再び脚光を浴びようと目論んでいた。そんなボビーの挑発に、一度は対戦を拒否するビリー・ジーンだったが…。(後は映画を観て下さいね)



バトル02

 1973年に世界が注目した女子テニスの現役世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスによる性別を超えた世紀の一戦の知られざる舞台裏を、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンと「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレルの共演で映画化した実話ドラマです。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン。



バトル05


たわごと03
男と女のプライドを賭けた戦い?
 久しぶりに聞く、「ウーマン・リブ」…。映画を観ながら、何故か森田健作のテレビドラマ「おれは男だ!」(日本テレビ系列で1971年から1972年にかけて放映)を思い出しました。確か当時の男女の戦い、そして友情と恋愛を描いた懐かしの青春ドラマの名作。ただ、この映画は「剣道」ではなく、もちろん「テニス」。そして実話に基づいて創られてま〜す。まぁ、それはさておき、この映画は、女子テニスのチャンピオン、ビリー・ジーン・キングと55歳オッサンで元世界王者ボビー・リッグスとの激しい男女の人権を賭けたテニスコートでの死闘…。と思いや、前半はビリー・ジーンのレズ不倫の話とか、ボビーがギャンブル依存症で妻とうまくいってないとか…、テニスとは関係の無いお話が続きます、まぁ、確かにテニスの試合だけじゃ、2時間は長すぎますよね。そして、やっとの事でメインイベントの試合…、確かにリアルです、ただ時代が違うからなのでしょうか、ゴメンナサイ迫力…少ないです。そして男の登場人物が、余りにも酷すぎ、ハッキリ言って馬鹿野郎です。いくら当時の男尊女卑が酷かったと言ってもそれぁ、ダメでしょ!



バトル04


※カッパの勝手な採点は…、
ざらついた映像が、良い感じですね!
カッパ採点7点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1516-3764b478