FC2ブログ
逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第三十六話〉


『キネマ旬報』創刊100年
1980年代 日本映画のベスト・テン
2019年 お正月



ベスト02

 1919年の創刊以来、今年で100年を迎えた『キネマ旬報』。100年という節目の年を記念する特別企画の第1弾として、『キネマ旬報』7月下旬号にて1970年代外国映画のベスト・テンを発表しました。今回はそれに続くシリーズ第4弾、1980年代日本映画のベスト・テンを『キネマ旬報』1月上旬号で発表! 世の中が空前の好景気へと向かう一方で、興行的には低迷、だが同時に、従来の常識にとらわれない、多種多様な作品が生み出された時代、キネ旬レギュラーの評論家・ライターなどを中心とした118名からいただいたアンケートを基に選出されました!



ベスト04

1980年代 日本映画BEST15
1位 家族ゲーム
・1983年 キネマ旬報ベストテン〈第1位〉
2位 ツィゴイネルワイゼン
・1980年 キネマ旬報ベストテン〈第1位〉

ベスト03

2位 ゆきゆきて、神軍
・1987年 キネマ旬報ベストテン〈第2位〉
4位 戦場のメリークリスマス
・1983年 キネマ旬報ベストテン〈第3位〉

ベスト05

5位 その男、凶暴につき
・1989年 キネマ旬報ベストテン〈第8位〉
6位 台風クラブ
・1985年 キネマ旬報ベストテン〈第4位〉
7位 転校生
・1982年 キネマ旬報ベストテン〈第3位〉
8位 風の谷のナウシカ
・1984年 キネマ旬報ベストテン〈第7位〉
9位 Wの悲劇
・1984年 キネマ旬報ベストテン〈第2位〉
10位 どついたるねん
・1989年 キネマ旬報ベストテン〈第2位〉
10位 となりのトトロ
・1988年 キネマ旬報ベストテン〈第1位〉

・12位 さらば愛しの大地 ・12位 鉄男 ・14位 泥の河 
・15位 ションベン・ライダー ・15位 ニッポン国・古屋敷村


たわごと03
新年あけましておめでとうございます
  今年も、もっと頑張って「映画三昧」の日々を送ります!ジャジャジャジャン♪〜新年第1回目のブログは、昨年キネ旬「1月上旬号・特別企画」で発表された「1980年代日本映画のベスト・テン」で〜す。前回の 「70年代」 に引き続き書き込みさせて頂きました。自称映画オタクのワタシにとっての80年代は、まさに「映画青春・ど真ん中!」。もちろん洋画も邦画もかなり観ました。映画館での鑑賞はもちろん、家庭のテレビでの鑑賞…、そうそう、「レンタルビデオ屋さん」の普及です。もちろん最初はかなり高額だったのですが、普及が進むのと比例してレンタル料もお手軽に。そんなこんなで、映画が身近になった時代でもありましたね。そんなど真ん中で想い出いっぱいの「1980年代」の「日本映画」をワタシなりに振り返ってみます。(もちろん、ワタシの超・依怙贔屓選出ですが…)

◆1980年代日本映画 マイベスト10

1位 ツィゴイネルワイゼン
・1989年 鈴木清順監督作品
2位 風の谷のナウシカ
・1984年 宮崎駿監督作品
3位 転校生
・1982年 大林宣彦作品
4位 影武者
・1980年 黒澤明監督作品
5位 の・ようなもの
・1981年 森田芳光監督作品
6位 さびしんぼう
・1985年 大林宣彦作品
7位 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
・1984年 押井守監督作品
8位 家族ゲーム
・1983年 森田芳光監督作品
9位 Wの悲劇
・1984年 澤井信一郎監督作品
10位 竜二
・1983年 川島透監督作品

【カッパの特別賞】 廃市
・1984年 大林宣彦作品

廃市

想い出が多すぎて…。
  さすがに、難しいですね。我が愛しの青春期(80年代)の数ある名作から10本を選ぶ事って…。ワタシのココロの師匠・大林監督映画だけでもベスト10が選べるほどの秀作揃い。忘れちゃいけないのが一世風靡した「角川映画」。特に映画的アイドルを創出した時代でもありましたね。そして、何と言ってもアニメ映画の大躍進でしょね。ジブリ作品はもちろん、数多くの秀作アニメが社会的地位得ることとなり、「アニメは儲かる」を定義付けました。そんな映画的事件が多い80年代で10本を選出するのは、非常に難儀…、きっと明日の朝目が覚めて、改めて考えると、全く違う選出となってしまいそうです…(汗)。ただ、その中で、勝手に「カッパの特別賞」に選ばせていただいた 「廃市」。この映画は、大林作品の中でも異質は一本です。舞台はひと夏の「柳川」…。久しぶりの長期休暇を取った「大林組」が選んだ遊びは、「映画を撮る事」。誰にも束縛されない自分たちの作品を尾道ではなく、柳川で創っちゃいました。それまでは、大嫌いだった「大林映画」?? 実はこの作品のポスターになんとなく魅かれ、なんとなく観たこの一本…。はい、はい、それからはご想像通り、監督とは長いお付き合いとなってしまいました。そんな、名作ぞろいの80年代に感謝を込めて、今年も仕事に映画に頑張ります!今後とも宜しくお願い致します。



ありがとうです、キネ旬編集部!
10点




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1515-64c0ad0b