FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1127



ダンケルクの戦いを制し、歴史を変えた。
ウィンストン・チャーチル
ヒトラーから世界を救った男
 2017年イギリス



チャーチル01

 1940年5月、第二次世界大戦初期。独裁者ヒトラー率いるナチス・ドイツの前にフランスは陥落寸前で、英国にも侵略の脅威が迫る中、新首相に就任した前海軍大臣のウィンストン・チャーチル。国民には人気があったものの、度重なる失策で党内はもちろん国王からも信頼を得られず、弱音を吐く彼を妻のクレメンティーンは優しく叱咤する。就任直後の演説では勝利を目指して徹底抗戦を誓うも、戦況は悪化の一途を辿っていく。そしてドイツ軍に追い込まれた英国軍が、ついにフランス・ダンケルクの海岸で絶体絶命の状況を迎える。英国への上陸もいよいよ現実の脅威となる中、犠牲を回避すべくドイツとの和平交渉を主張する外相ハリファックスの必死の説得を受けるチャーチルだったが…。(後は映画を観て下さい)



チャーチル02

 ゲイリー・オールドマンが第二次世界大戦時に英国首相に就任し、ヒトラーの脅威に敢然と立ち向かったウィンストン・チェーチルを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いた感動の伝記ドラマです。また、そのゲイリー・オールドマンを驚異の技術でチャーチルへと変身させた特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し話題に。英国がヒトラーに屈する寸前での首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間に焦点を当て、ヨーロッパのみならず世界の命運を左右する決断が下されるまでの葛藤とその型破りな人物像を描き出す。共演はクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン。監督は「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト。



チャーチル004


たわごと03
こっち側から見た、ダンケルク?
 第90回アカデミー賞主演男優賞のゲイリー・オールドマン。そしてこの映画の影の立役者、辻一弘氏はメイクアップ&ヘアスタイリング賞をみごと受賞。『辻一弘さんが引き受けてくれなければ、ゲイリーもやらない』と言わしめた特殊メイキャップの芸術的完成度の高さ…、余談ですが、彼(辻一弘さん)は、我が郷土徳島出身の特殊メークの先駆者・江川悦子さんの工房に約3年間在籍。ともに特殊メーク界の大御所、故ディック・スミスさんの門下という「教え子であり、同志」だそうです。そんな記事が地元紙でも報じられて、何となく身近に感じてた作品でもあります。物語は、ワタシ的には余り馴染みの無い?英国の首相ウインストン・チャーチルの1940年5月における首相就任から、ダンケルク撤退までの4週間を描いたのがこの本作。そう、この前観た、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」!失礼ながら、この「ノーラン・ダンケルク」は、ワタシの様な凡人には「説明?」に欠ける作品。映画としては優れてるのでしょうが、イマイチ分かりづらい(すみませんワタシの主観です)。なのですが、この「ウィンストン・チャーチル〜」を観たら、なるほどと…!? 変な表現ですが、違う映画でお互いがより楽しめる、なんとなく得した気分で2倍楽しめましたした。あっ、そうそう、監督のジョー・ライト…。彼の代表作は、もちろん「プライドと偏見」「つぐない」。陰影の描き方等々は、対照的な描き方ですが…、これはこれで素晴らしい表現力です。



チャーチル03



※カッパの勝手な採点は…、
映画の底力を魅せてくれます!
8点




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1508-5d64092b