FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1123



死を超えた恐怖、到来。
ソウル・ステーション パンデミック 
2016年韓国



ソウル01

 へスンは奴隷的な風俗店での生活から逃げ出し、恋人キウンと暮らしている。しかし甲斐性のないキウンもまた、オンラインでヘスンに体を売らせるのだった。ヘスンはそのことでケンカし、ひとりで夜のソウルをさまよっていた。同じころ、ソウル駅では血まみれのホームレスが息絶えた後、生き返り、人を襲って食らいつく。こうしてゾンビに襲われた人はゾンビとなり、また人を襲い、犠牲者は瞬く間に増えていった。パンデミックの発生を知ったキウンは、ヘスンの父と名乗る男と共にヘスンを探す。政府はソウル駅周辺を封鎖し、事態を終息させようとするが…。(後は映画を観て下さいね)



ソウル02

新感染ファイナル・エクスプレスの前日譚。
 「新感染 ファイナル・エクスプレス」で実写長編デビューを飾った社会派のアニメーション作家、ヨン・サンホ監督が同作の前日譚を描いたアニメーションです。深夜のソウルを舞台に突然、未知のウイルスに感染し、変貌した人々から逃げようとする女性と、その行方を捜す恋人と父親の姿がサスペンスフルに描かれてます。



ソウル03


たわごと03
初めての、韓国アニメ?
 ワタシ的には、かなりお気に入りの「新感染ファイナル・エクスプレス」の前日譚があると知って、前から観たいと思ってたら、うれしいことにWOWOWでオンエアー、もちろん録画して、後日改めての鑑賞…。ヨン・サンホ監督は、もともとアニメ作家ということだそうだで、このアニメも前日譚としてよく描けてます。ホームレス・風俗嬢・ニート…、そしてゾンビ。ただ、他のゾンビ映画同様、彼ら(ゾンビ)からどう逃れるかが問題なのですが、同時に描かれるのは人間の性。この映画の結末では、可能性とか希望とかは存在しません。ただ、そこに残るのはゾンビが存在する韓国社会。秀作「新感染ファイナル・エクスプレス」よりも退廃的で希望のかけらさえも見当たりません。そしてなによりも、初めての鑑賞となる韓国長編アニメ。正直アニメとしての技術は日本ほどではないのですが、力強くもギクシャクとした描写方法がゾンビの動きに凄くマッチしてて、妙にリアル?実写同様、アニメーションにも、作者の熱い思いが感じ取れます。



ソウル04



※カッパの勝手な採点は…、
ゾンビ映画で、その国の社会が見える…
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1503-cedf99e2