FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1121



魂が震える…。
スリー・ビルボード 
2017年イギリス・アメリカ



スリー01

 アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への辛辣な抗議メッセージが出現する。それは、娘を殺されたミルドレッド・ヘイズが、7ヵ月もたっても一向に進展しない捜査に業を煮やして掲げたものだった。名指しされた署長のウィロビーは困惑しながらも冷静に理解を得ようとする一方、部下のディクソン巡査はミルドレッドへの怒りを露わにする。さらに署長を敬愛する町の人々も広告に憤慨し、掲載を取り止めるようミルドレッドに忠告するのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



スリー02

 「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドが娘を殺された母親の怒りと悲しみを体現して絶賛された衝撃のサスペンスドラマです。アメリカの田舎町を舞台に、主人公がいつまでも犯人を捕まえられない警察に怒りの看板広告を掲げたことをきっかけに、町の住人それぞれが抱える怒りや葛藤が剥き出しになっていくさまを、ダークなユーモアを織り交ぜつつ、予測不能のストーリー展開でスリリングに描き出します。共演はウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。監督は「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。



スリー03


たわごと03
3枚のロードサインで、町がざわめく…
 この作品で二度目のアカデミー主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンド、評判どおり受賞に相応しい圧巻の演技でした。娘をレイプされ焼き殺された母親・ミルドレッド、その犯人に対する強い憎しみと警察の捜査の手ぬるさに対する怒りと後悔の念から、道路沿いに並ぶ3つの屋外広告(ビルボード)に意見広告を掲示する…。その広告が、この小さな町で物議をかもし出しやがては思いもよらぬ方向へと進んでいきます。一見サスペンスドラマなのですが、真犯人捜しがテーマではありません。ここまでやるかの母親・ミルドレッドの戦い?を描きながら警官による黒人への虐待や人種差別、アメリカ社会にはびこる問題をそれとなく描いています。正直、どの登場人物もあまり好きになれず、行き過ぎる暴言と行動は、どうも日本人のワタシには理解し難い気もすします?まぁ、ワタシ的に一番気の毒なのは、ワタシと同じ職の若い広告屋…、意見広告を掲示しただけで、こんなにボコボコにされるなんて、広告屋も命がけですね!!



スリー04



※カッパの勝手な採点は…、
そこまで、やったらダメでしょ!
七点半




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1501-cdba59b2