FC2ブログ
2018.07.04 ジオストーム
カッパのみなソン
Selection vol.1100



ある日、天気が支配された。
ジオストーム 2017年 アメリカ



ジオ01

 度重なる自然災害に苦しめられてきた人類は、ついに世界各国が協力して、全世界の天気を管理できる気象コントロール衛星“ダッチボーイ”を完成させる。ところがある日、そのダッチボーイが謎の暴走をはじめ、世界各地に未曾有の大災害をもたらしていく。かつてダッチボーイの開発に携わった天才科学者ジェイクは、この史上最大の危機を前に立ち上がり、人類滅亡を引き起こす地球規模の自然災害“ジオストーム”を食い止めるべく奔走するのだったが…。(後は映画を観て下さい)



ジオ02

 ジェラルド・バトラー主演で贈るディザスター・ムービーです。最新鋭の気象コントロール衛星の暴走で全世界に未曾有の大災害が巻き起こるさまを壮大なスケールで描き出します。共演はジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシア。監督は「インデペンデンス・デイ」シリーズなどの製作・脚本を手がけ、本作が長編監督デビューのディーン・デヴリン。



ジオ04


たわごと03
心苦しい、絵空事…。
 2019年地球は自然災害に見舞われ、世界18か国は共同で自然災害防衛システムを開発しました。えっ、それって来年の話(設定)…、なのです。それが、愛称“ダッチボーイ”と呼ばれる超賢いシステムを用いて、なんと気象をコントロールするための人工衛星なのです…、そして、その数年後、ダッチボーイが誤作動し制御不能と…。ご想像通り、映画と分かってても心苦しいリアルな映像。映画と割り切れない今のワタシ達?? 映画の娯楽性、そして使命…、それぞれの矛盾が交差しつつも見入ってしまう…。ただ、この作品、ディザスタームービーというよりは、SFサスペンス的な要素が強く、敵の陰謀を見抜き、ジオストーム(世界的大災害)をいかにして回避するかが、メインテーマなので、それはそれで何とか楽しめました。まぁ、しかし、これを仕組んだバカな悪党は、世界の敵、地球の敵、いやいや宇宙の敵でしょうね!!



ジオ03


※カッパの勝手な採点は…、
お久しぶりです、アンディ・ガルシアさん。
六半




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1478-c611cbb4