FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1096



オンリーワンが集まれば、世界も救える。
ジャスティス・リーグ
2017年 アメリカ



リーグ01

 スーパーマンの犠牲によって恐るべきドゥームズデイから辛くも守られた世界。しかしスーパーマンのいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。こうして集められたのは、世界最速にしてオタクな青年“フラッシュ”ことバレリー・アレン、水陸両棲の怪力男“アクアマン”ことアーサー・カリー、全身のほとんどが機械化された“サイボーグ”ことビクター・ストーンといういずれ劣らぬ個性派超人たち。迫り来る脅威に立ち向かうべく、そんな我の強い彼らを、柄にもなくチームとしてまとめ上げようと奮闘するバットマンだったが…。(後は映画を観て下さい)



リーグ02

 「マン・オブ・スティール」に始まるDCコミックス原作実写映画のクロスオーバー・シリーズ“DCエクステンデッド・ユニバース”作品の1本で、DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作です。「バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生」後のスーパーマン亡き世界を舞台に、滅亡の危機を迎えた世界を救うべくバットマンによって結成されたスーパーヒーロー・チーム“ジャスティス・リーグ”の活躍を圧倒的スケールで描き出します。出演はバットマン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン役のガル・ガドットのほか、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャーがそれぞれフラッシュ、アクアマン、サイボーグ役で登場。



リーグ03


たわごと03
まじめ、まじめ、まじめ!
 冒頭、ゴメンナサイです。マーベルとDCの違いが分からないワタシが観るべき資格なし!なんでしょうね、ただ何年か前の大晦日につかりこさんと一緒に行った、新宿ゴールデン街のとあるbarのお姉さんが、この2つの違いを熱く語ってくれたのを思い出しながら観させて頂きました。まぁ、それでもモノの本質が理解出来ない歯がゆさと、あれれ、なんでスーパーマンは死んでしまったのかも分からず、彼がいない世界に?まぁ、それでも映画としての完成度は高く、この前観た、マーベルの「マイティ・ソー バトルロイヤル」と比べると、クソがつくほどマジメ。ワタシのご贔屓のガル・ガドットさん演じるワンダーウーマンも、もちろん大健闘。もう、彼女抜きでは、ジャスティス・リーグな成り立たない程の存在感に大満足。ただ、強さの世界観が違いすぎる、スーパーマンは少し反則かなぁ、と思うのはワタシだけでしょうか?



リーグ06


※カッパの勝手な採点は…、
それでも、充分に楽しめました!
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1473-f00fe665