カッパのみなソン
Selection vol.1087



英雄か。怪物か。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 
2016年 アメリカ



ファウンダー01

 1954年、アメリカ。レイ・クロックはシェイクミキサーを売り歩く52歳の営業マン。ある日、1度に8台もの注文が入り驚くレイ。さっそく店を訪ねてみると、そこはマクドナルド兄弟が経営する大繁盛のハンバーガー店だった。レイはその無駄のない合理的なシステムに感服し、ビジネスとしての可能性を見出す。さっそく兄弟にフランチャイズ化による全国展開を提案し、晴れて契約を取り交わすレイだったが…。(後は映画を観て下さい)



ファウンダー02

 「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマです。マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な筆致で描き出します。共演はニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン。監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。



ファウンダー04


たわごと03
さすがは、元祖ダークヒーロー!
 マック、いやいや四国では「マクド」…?の愛称で日本でもお馴染みのマクドナルドの「ヒミツ」の物語です。そして主演は、今や快演の帝王、初代バットマン・マイケル・キートンが、今回も魅せてくれます、男の執念を…。そうこの映画で学びました、マクドナルドが、実は本家があって、元々はサンバーノディーノ(カリフォルニア州)の「ディック」と「マック」のマクドナルド兄弟の経営するレストランだった…。その画期的なシステムに惚れ込んだ、当時はまだ名もないセールスマン、レイ・クロック(マイケル・キートン)に、「庇(ひさし)を貸して母屋を取られる」と言う、かなり過激な物語(実話)。まさにキッチコピーどおり「英雄か、怪物か…」なのです。


ファウンダー05

 マイケル・キートン演じるレイ・クロックの行動力と執念には驚かされます。引退間近の52歳で広大なアメリカ本土を駆け巡るエネルギー。「マクドナルド」の響きと語感に惚れ込み、頑として店名を「マクドナルド」にこだわる思い込み。マクドナルド兄弟のマニュアルを強引に奪い取る図々しさ。常識もモラルも紳士協定もクソ食らえ、知恵と努力と執念で、欲しいモノを手に入れます。人間としては?なのですが、ビジネスマンとして結果が示しているように「英雄」なのでしょうね。小さいながらも一応経営をしてる一人として、彼のこの凄まじい生き方をみせられ、今の己の甘さと怠慢さに嫌気が…、ただ、もし自分がその立場だったら、どうするのだろうか?それが、この映画のテーマなのでしょうね。


ファウンダー03



※カッパの勝手な採点は…、
今日のランチは、マクドナルドだ!
8点


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1464-edd9fc0a