カッパのみなソン
Selection vol.1082



子供が消える町に、“それ”は現れる。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 
2017年 アメリカ



それ01

 1988年、アメリカの田舎町デリー。町では子供ばかりが行方不明になる不可解な事件が続いていた。ある日、内気で病弱な少年ビルの弟ジョージーも1人で遊んでいる時に何者かに襲われ、道端の排水溝に姿を消してしまう。以来、弟の失踪に責任を感じていたビルはある時、見えるはずのないものを見てしまい恐怖に震える。やがて、眼鏡のリッチーや悪い噂のあるベバリーなど同じような恐怖の体験をしたいじめられっ子の仲間たちと協力して、事件の真相に迫ろうとするビルだったが…。(後は映画を観て下さい)



それ02

 不気味なピエロ“ペニーワイズ”と少年たちの対決を描いたスティーヴン・キングのベストセラー小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティ監督で映画化し、全米で記録的大ヒットとなりセンセーションを巻き起こしたホラー・サスペンスです。子供の失踪事件が続く田舎町を舞台に、弟をさらわれた少年といじめられっ子の仲間たちが力を合わせて、ピエロの格好をした謎めいた存在に立ち向かっていくさまを、少年少女の瑞々しい青春ドラマを織り交ぜつつ、戦慄の恐怖演出で描き出す。主演は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ミッドナイト・スペシャル」のジェイデン・リーバハー。ペニーワイズ役には「シンプル・シモン」「アトミック・ブロンド」のビル・スカルスガルド。



それ03

たわごと03
恐怖のノスタルジィ…?
 ご存じ、スティーヴン・キングの原作「IT」の前半を映画化!もちろん徹底したホラー作品なのですが、そうそう、あの名作「スタンドバイミー」に、なぜかよく似たテイストなのです。子供の連続行方不明事件が立て続けに起こるデリーという町…。ビリーの弟のジョージーも、嵐の日に排水溝の前に大量の血痕を残して行方不明…。そう一番ショッキングシーンは、このファーストシーン。排水溝の中の「それ」と無垢な子供のやり取りはこれから始まる「恐怖」を見事に予感させます。吃音の悩み、イジメ、DV、職業への偏見、人種への差別等々、さまざまな悩みを持つ子どもたちが、一段となって「それ」に立ち向かう、その姿はなかなかの感動モノです。そして何よりも素晴らしいのは、恐怖一緒に描かれる、思春期への郷愁。誰もが経験した、子供の頃の闇への怖さ、いつもケンカばかりしてるアンバランスな友情、そしてほろ苦い初恋…。怖いだけではなく、何となく懐かしくなる不思議なホラー作品です。



それ04



※カッパの勝手な採点は…、
世界興収、なんと770億円超え!?
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1458-8515998d