カッパのみなソン
Selection vol.1056



奴らを追え。
マローダーズ 襲撃者 
2016年 アメリカ



マローダーズ01

 白昼堂々銀行強盗が発生する。犯人グループは不気味なマスクを被り、機械音声で銀行員や居合わせた顧客に指示を出し、一切の無駄のない作業で銀行を後にした。強盗たちが銀行に侵入する際に、不運にも鉢合わせとなった銀行員が犠牲となった。事件を担当するFBI捜査官モンゴメリーの班は現場に駆けつけるが、所轄の刑事が証拠となる指紋などを持ち帰ったことを聞き激怒する。そんななか、他の銀行でも同グループによる銀行強盗が発生する。ここでは胸を撃たれた警備員が重傷を負う。一見、同一犯によるただの銀行強盗かと思われたが、二つの現場から同一人物の指紋が採取される…。(後は映画を観てください)



マローダーズ02

 「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス主演のクライム・アクション活劇です。出演は、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのデイヴ・バウティスタ、「マン・オブ・スティール」のクリストファー・メローニ、「プラダを着た悪魔」のエイドリアン・グレニアー。監督は、「エクストラクション」のスティーヴン・C・ミラー。



マローダーズ04


たわごと03
浅そうで、深い…。でも分かり辛い?
 衝撃のファーストシーン、凄く良いですね。雨の中の銀行強盗…。テンポ良く、オーソドックスなのですが、これが映画だ!のワクワク・ハラハラ感満載。なのですが、その後の展開が余りにも複雑で無駄が多すぎ、主演のブルース・ウィリスも大物役で主演してますが、彼らしさに欠けます。数年前の他国での特殊レンジャー部隊の掃討作戦が絡んで、銀行襲撃事件と海外での人質奪還なのか、理解できないレンジャー部隊の軍人のいざこざ…。この前観た、「ブラッド・ファーザー」とは全く逆で、奥深そうで、実は浅い。何もかも詰めすぎ、欲張りすぎの、あまり良くない映画(スミマセン)の見本みたいですね!?



マローダーズ03


※カッパの勝手な採点は…、
何もかもが、紙一重なんです。
六半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1430-aaa2467e