2017.10.21 愚行録
カッパのみなソン
Selection vol.1054



そこには、悪意も、善意もない。
愚行録 2016年 日本



愚行01

 ある日、閑静な住宅街で凄惨な一家殺害事件が発生する。被害者はエリートサラリーマンの田向浩樹とその妻と一人娘という3人家族。近所でも評判の仲睦まじい理想の家族だった。事件は世間を賑わせるが、未解決のまま1年が過ぎ、風化しようとしていた。週刊誌記者の田中武志は、そんな事件に改めてスポットを当て真相を探るべく取材を開始する。田中が浩樹の会社の同僚や夫婦の大学時代の知人に聞き取りを進めていくと、夫婦の意外な実像が浮かび上がってくる。そんな中、育児放棄の疑いで逮捕・勾留されている妹・光子のことが心に重くのしかかっていく田中だったが…。(後は映画を観てください)



愚行02

 貫井徳郎の同名ベストセラーを妻夫木聡主演で映画化したミステリー・ドラマです。1人の週刊誌記者が未解決の一家惨殺事件の真相を追う中で、理想の家族と思われた被害者一家の意外な評判が明らかになっていくさまを描き出します。共演は満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美。監督は本作が長編デビューとなる石川慶。



愚行03


たわごと03
悪人ではなく、嫌な奴…。
 一家惨殺事件の被害者夫婦の過去を追う、如何にも訳ありの雑誌記者・妻夫木聡くん…。そして、その妹が、満島ひかり。そう、この二人を除く、それ以外の人物はご普通なのです…? なのですが、非常に「嫌な奴」なんです。誰もが持ってる日常生活・社会に於いて、ある意味計算し、それなりに上手に泳ぐ…、もしかしたら、これって「私たち」なのでしょうか?そして、起こってしまった悲しい事件。いずれも野心家だった一家惨殺事件。そして衝撃の真実。重々しい現実と衝撃の過去。映画としても「嫌な映画」なのですが、観ることで何かを感じなければならない…と思いながらも、やっぱり重々しく、心が痛い映画でした。



愚行04


悪と善と「境目」とは…?
カッパ採点7点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1428-07c5359c