映画的旅情
【其の二十四】


とっておきの津山…?
かなうなら夢のままで、in 津山
2017年 10月



津山02

 10月14日…、今にも雨が降りそうな曇り日の週末、岡山県津山市い行ってきました。津山と言えば、あの「八つ墓村」のモチーフともなる「津山事件」。小説では西村望氏が、「丑三つの村」として描き、その後は映画化もされてます。がぁ、今では、そんなおどろおどろし〜い町…、ではなく、最近ではご当地グルメとB'z。でかなりブレイクしている町なんです。まずは、ご当地グルメの「津山ホルモンうどん」。ご存知、まちおこしイベント「B1グランプリ」でもシルバーグランプリを受賞するなど、ご当地グルメの先駆者的な重要なポジション。津山自慢のホルモンから出る独特な旨味がうどんと絡み合い、さらに深みのあるタレとベストマッチの津山ならではの逸品です。



津山003
↑地元の方は、2玉が当たり前だそうです。(写真は、1玉です)

津山004
↑このノスタルジックな食堂は、地元でも大人気の「橋野食堂」。


そして津山と言えば、稲葉浩志さん?
 ご存知、B'zの稲葉浩志さんの生まれ故郷。橋野食堂から数百メートル入ったところに、彼のご実家であるイナバ化粧品店があります。お母様を始めスタッフの気負わないアットホームな対応が評判で毎年訪れるファンや海外からの訪問客も多いそうです。お店がファン同士の集いの場になることもあり、気兼ねなく来店してもらえるようにとお店の一角にはB'zコーナーを設け稲葉浩志さんの子供の頃から高校生までの思い出アルバムが手に取って見られるようになってそうです。まさにファンたちの聖地なのです!




津山005
↑かなり津山に貢献してますよ!!


たわごと03
想いには、引力がある!
 「津山ホルモンうどん」も「B'zの稲葉浩志さん」でもなく、遠路はるばる津山に来た訳は、実は小椋佳さんの「歌談の会」。小椋さんは、大林監督と並ぶ、我が人生の師匠。近県でのコンサートへは、できるだけ参加しようと今回も岡山の津山へ一泊二日の小旅行を決行しました。「歌談の会」とは、通常のコンサートとは少し異なり、歌だけではなく歌で綴った物語…。小椋さんが書き下ろした「物語」に、小椋さんの「歌」と「語り」で構成されたステージなのです。小椋佳ファンなら、大掛かりなコンサートよりも、小椋佳らしいこのステージの方がより楽しめます。〜なのですが、実はワタシ的にとんでも無い事がありました。歌談の会の翌日の朝、ホテルのエレベータで、なんと、なんと、小椋夫妻と遭遇!もちろん同じホテルでの宿泊だったのですが、超密室で嬉しい偶然…。ご想像通り、もちろん真っ白、憧れの小椋さん夫妻とワタシたち4人。「ボ、ボクは…、中学生〜のフ、ファンです」などと訳のわからない日本語で…、それでも奥様は和かに、小椋さんは小椋さんらしく冷静かつ和かに、対応してくださいました。ワタシにとっては、なんとも幸せな一瞬、はるばる津山に来て本当に良かったと…、嬉しい冷や汗を掻きながら、想い出の津山を後にしました。(ありがとうございました!)



津山006
↑あっ、すみません、寅さん最終話「寅次郎紅の花」のロケ地です。


そんな、ワタシに…。
10点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1427-80c5b2d3