カッパのみなソン
Selection vol.1050



電気消滅!生き残れ、家族!
サバイバルファミリー 
2017年 日本



サバイバル 01

 東京に暮らす鈴木家は、父と母と息子と娘の平凡な4人家族。仕事一筋の父親・義之はどこか頼りなく、家族の心はすっかりバラバラ。そんなある日、いきなり電気が消滅するという原因不明の異常事態に遭遇、電池も使用不能で、電化製品ばかりか電車や自動車に加え、ガスや水道といった全てのライフラインも止まってしまう。最初はしばらくすれば復旧するとタカを括っていた一家だったが、状況はいよいよ深刻の度を増していく。水も食料も容易には入手できず、義之は東京を離れることを決断する。そして一家は自転車で、祖父のいる鹿児島を目指して旅立つのだったが…。(後は映画を観て下さい)



サバイバル 02

矢口史靖監督最新作。
 「ウォーターボーイズ」「WOODJOB!~神去なあなあ日常~」の矢口史靖監督が、ある日突然世の中から電気がなくなった、との奇想天外な設定の下、ある一家の決死のサバイバルの行方をリアルなシミュレーションとユーモアを織り交ぜ、スケール感いっぱいに描き出した異色のロードムービーコメディです。主演は小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな。



サバイバル04


たわごと03
家族は、走るよ!どこまでも。
 ワタシの勝手な分析なのですが、日本映画で今一番安定感のある監督は、この矢口史靖監督だと思います。「ひみつの花園」「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「WOODJOB!~神去なあなあ日常~」等々、コンスタントにヒット作を生み出し、興行的らもそれなりの結果を出してます。そして何よりも彼の作品が素晴らしいのは、映画が楽しいんです!と書きながら今回のこの新作は、少しハードで、少しSF的?でもないないかなぁ?なぜか、突然世界中の電気という電気が使えなく、そんでもってなぜか、西(大阪)に行くと「電気が使える」と言う噂、その噂を頼りに、超現代的ダメ家族が、何と自転車でおじいちゃんの居るの鹿児島まで行っちゃう、異色のサバイバルロードムービーなのです。前作の「WOODJOB!~神去なあなあ日常~」でも人間としての原点回帰が描かれましたが、今回も「それでも生きることは素晴らしい」が、より明確に描かれています。もちろんこの手の「切り口」なので、それなりにツッコミ所は多々ありますが、さすがは矢口監督、「重苦しい」と「楽しい」を上手に絡めていい味出してます!



サバイバル05


※カッパの勝手な採点は…、
きっと地球も疲れたのでしょうね?

カッパ採点7点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1423-92cd0ac1