FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1046



絶望の、産声。
エイリアン:コヴェナント 
2017年 アメリカ



エイリアン01

 人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最新型アンドロイドのウォルターによって行われていた。ところが突然のアクシデントで、船長を含む数十人が命を落としてしまう。そしてその直後、コヴェナント号は謎の電波を受信する。急遽、船長代理となったオラムは、亡くなった船長の妻で科学者のダニエルズの反対を押し切り、進路を変更して電波の発信元である惑星へと向かう。ダニエルズ、オラム、ウォルターらが調査隊として探索をしたところ、本来の目的地よりも遥かに地球の環境に近いことが分かってくる。ところが、そんな調査隊を、思いも寄らぬ事態が襲う。窮地に陥った一行の前に、かつてプロメテウス号に搭乗していた旧型アンドロイド、デヴィッドが姿を現わすのだったが…。(後は映画を観て下さい)



エイリアン02

 リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラーです。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描き出す。主演はキャサリン・ウォーターストンとマイケル・ファスベンダー、共演にビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル。



エイリアン04


たわごと03
リドリー・スコットの挑戦と迷い…。
 エイリアンの前日譚であり、前作「プロメテウス」の続編となるこの作品、観させて頂きました…。スミマセン、勉強不足で、劇場に行く前に、観なきゃと思いながらも、前作「プロメテウス」を見直さずの鑑賞。そう無謀でした、何となくは覚えてたつもりでしたが、いざ映画が始まると、「あれやこれや」のモヤモヤ感…。もうその時点でアウトですね。まぁ、されでも何とか鑑賞し、では出来栄えはと言うと、これまた、何とも甲乙つけ難い。エイリアンの最新作、これは、もはやエイリアン的生命の哲学…。巨匠の超私的な超大作? ワタシ的には、嫌いではないのですが、どう見ても興行的には難しい難作。それでも描かなければならない彼の想い、もしかして、弟のトニー・スコット監督の死が、何らかの意味を持つのでしょうか?



エイリアン05


※カッパの勝手な採点は…、
「プロメテウス」を借りに、TSUTAYAへGO!
七点半


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1419-20ae9a7d