逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第三十三話〉


ある映画作家の現在…
青春は戦争の消耗品ではない…
映画作家 大林宣彦の遺言。

2017年 NHK Eテレ



大林003

 「転校生」や「時をかける少女」などで知られる映画作家・大林宣彦。末期ガンを宣告された今、「戦争」をテーマにした新作に挑戦している。完成までの日々を追う魂の記録。



大林001

原田知世が語る、衝撃の1年…。
 末期ガンを宣告された映画作家・大林宣彦、79歳。43作目に選んだテーマは“戦争”。華麗でポップな映像世界で知られた大林監督が、なぜ今、戦争を描くのか。そこには軍国少年だった頃の記憶、そして青春を戦場で過ごした父の姿があった。新作「花筐」のシナリオには、太平洋戦争へ向かう青年たちの葛藤が書き込まれた。「青春が戦争の消耗品だなんてまっぴらだ」。映画人生の集大成に挑む大林監督の1年を追います。



大林004

認めたくない、真実…。
 我が映画の原点、いや人生の原点でもある大林宣彦監督…。もちろん彼の今の状況は知ってましたが、この「映画作家大林宣彦の遺言」を観させて頂き、改めてその状況の過酷さを知ることとなりました。幻の企画「花筐」の撮影前日にガンが発見されながらも、映画完成の最後の最後まで、全く妥協せず映画作りに身を捧げる日々。そう、彼らしい、彼しかできない、魂の映画。自称、大林組の一人としては、なんとも悲しくて辛い真実。余命3カ月…、そんな馬鹿な、ありえない。なのですが、それは哀しい現実でなのです。それでも奇跡的に現状を維持している今。きっと想像付かぬ程の苦痛と焦り…。それでも恩師・黒澤明監督の遺言「映画で、世界を平和にする」想いを貫く、大林映画の集大成とも言える「花筐HANAGATAMI」を見事完成させました。この「花筐」は、監督40年前の「幻のデビュー作」です。その後、時期を失いながらも決して諦めなかった本作を新たに「戦争」を大きな軸にして加筆したそうです。そして、その台本も現場で、監督自らが、今と闘いながら、何度も何度も変えていくのです。移り変わる状況とその変化の先に生まれた「大林ワールド」の集大成…。それはきっと、とてつもない名作の誕生なのです!



大林002


監督、お楽しみはこれからですよ!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1404-ce9f0d10